HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
ほっと一息
2011.01.26
ほっと一息① ほっと一息②
お香って意外にお高いのですね・・・

先月、京都で自分に買ったおみやげです。

何かとバタついている今日このごろ。

お香に火を点け、ほっと一息。

時空が変わる。




やばい・・・
2011.01.25
最近、ますますお腹が出てきた

これはやばい・・・

タイトに作ったスーツがベストサイズになってしまった

そろそろやばい・・・

お風呂時、鏡越しにみる2段腹

かなりやばい・・・

チビ、デブ、ハゲだけは免れたいものだが

天は私に三物を与えてしまうのか

あぁ、神様・・・




修学旅行~
2011.01.24
修学旅行~①
修学旅行のお土産いただきました!

たっくん、ありがと~!

沖縄かぁ、いいな~。

この時期の沖縄の気温はどうなのかな?泳げたりできるのかな?

さすがに真冬は無理か・・・

私の高校修学旅行は九州でした。

ハウステンボスの思い出はかろうじてありますが、後は思い出せません・・・

昼食に長崎ちゃんぽんと吉野家の牛丼と迷い、結局牛丼を食べたしょうもない思い出くらいですかね。

寒い思い出です。

凍りそう・・・




不利?有利?左利き
2011.01.23
左手でサインをするアメリカ・オバマ大統領、左手で箸を持つタレント。

近頃、メディアの中で左利きを見る機会が多くなったように感じられます。

ひょっとして左利きの人口が増加しているのでしょうか。いいえ、不思議なことに左利きの人は国や時代が変わっても全体の約10%しかいないとされています。

そもそも左利きとは、「利き手が左」の人のこと。

しかし未だに解明されていないことが多く、謎だらけなのだとか。

たとえば左利きになる理由は、左利きの家系という遺伝説や3~4歳にどちらの手をよく使うかで決まるという環境説、胎内もしくは出産時に左脳を圧迫したことで右脳が活発になるという左脳補う説など諸説あります。

さらに右利き・左利きが決定される時期も、生後まもない頃から左手を活発に動かしていたら案の定左利きだったとか、2歳くらいまでは両手を同程度使っていたが、いつの間にか利き手が決まっていたなどバラつきがあり、わかっていないのです。

90%の人が右利きという中、社会や製品は右利き仕様で成り立っています。

駅の自動改札も、パソコンのマウスも、がま口財布の口金も、右利きの人には何ともないこれらを使うことがストレスになるなど生存上のハンデを負っているにもかかわらず、左利きが減らない理由はずばり相対する戦いに有利だから。

フランスの研究によれば、決闘のみならずボクシングやテニスなどでも、左からの攻撃に大多数の右利きは不意をつかれ、それが結果的に左利きに有利になるとのこと。

一流のアスリートに左利きが多いのは、そんな理由があったのですね。

さて、左利きのお子さんをもつ親御さんが悩むのが、「左利きは矯正すべきか」ということでしょう。最近は左利きへの偏見もなくなって個性のひとつ、むしろかっこいいととらえることも多く、矯正しないケースが増えているようです。テレビなどで左で箸を持ったり字を書く人が多くなったように感じるのもそのせいかもしれません。

今後も矯正されない左利きの人がどんどん社会に進出すれば、いろいろなものが左でも右でも使いやすく改良されるかもしれません。それはすなわちユニバーサルデザインの考え方に近づくことになり、誰にでもやさしい社会の実現につながりそうですね。

※参考

↓↓

healthクリック http://www.health.ne.jp/

ナショナルジオグラフィック公式日本語サイトhttp://www.nationalgeographic.co.jp/

左利きの小部屋http://www.nurs.or.jp/~southpaw/user/kby/hidari.html

LEFTEOUS http://www.lefteous.jp/




着々と・・・
2011.01.21
着々と・・・① 着々と・・・② 着々と・・・③
日進市、店舗改修工事の経過です。

着々と進んでいます。

写真三枚目、オーナー様(右側)調理スタッフ様(左側)にお手伝いをして頂いてます。

(既設ガラスフィルム捲り)

ありがとぅございます!

怪我だけはしないようにお願いしますね!

30日にひびきますから・・・(✿ฺ-ω-)ゥムゥム




過去の記事一覧
2011.01.25
やばい・・・
2011.01.24
修学旅行~
2011.01.23
不利?有利?左利き
2011.01.21
着々と・・・
2011.01.20
経営勉強会のご案内
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.