HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
常に堂々と明るく進む
2013.05.30
常に堂々と明るく進む①
世の中が不況のときや、悪い実績が続いたりすると、

このままでは倒産してしまうのではないかという否定的なことを思い、

それを気に病む人がいる。

しかし、そのようなことが心を占めていると、

その心が本当にその否定的なものを招き寄せてしまう。

すべて人生は心に描いた通りになる。

どのような厳しい状況に置かれようと、否定的なことを...

心に浮かべるべきではない。

まじめに前向きに努力していけば決して悪いことがあろうはずがないと確信して、

常に堂々と明るく進まなければならない。

稲盛 和夫




花が咲きました♪
2013.05.22
花が咲きました♪①
この花のように、

人生前向きに。

前向きに。



この転生の時代を強く生き抜いていくために
2013.05.15
この転生の時代を強く生き抜いていくために① この転生の時代を強く生き抜いていくために②
名古屋青年会議所5月フォーラムに参加しています。

テーマ

「高邁な精神を持つ青年経済人を育てるには」 ~教えます、あなたの会社を強くする方法~

この転生の時代を強く生き抜いていくために、我々は何をすべきか。

時代の変化や変革に順応し、永きにわたり社会に貢献しうる企業の舵取りができるよう、

高い資質を持った経済人となる必要性があるのではないでしょうか?



自分と向き合う時間
2013.05.14
車を運転中、道を間違えることが増えた気がする。

考え事が多すぎるせいか、

はたまた、脳みそのキャパが少なすぎるせいか。

車に乗っているときは、

やらなければならないことが、アタマ張り裂けそうなくらいなのに

事務所に戻ったとたん、余裕な自分。

でも、なぜだろう。

最近の、このソワソワ感。

やることがたくさんあり、

なにをしている実感もないままに・・・

時間だけが過ぎてゆく。

それなりの幸福感に包まれ、

生きてゆくうえでの、緊張感、恐怖感のようなものが欠落しているのか。

自分の置かれている立場、

自分の道を“きちんと”歩き続けるためには、

「自分と向き合う時間」を

意識的につくっていく必要があるな。

「夢中で駆け抜けるけれども、

 まだ明日はみえず勝利も敗北もないまま

 孤独なレースは続いていく」

Mr.Children/Tomorrow Never Knows

http://www.youtube.com/watch?v=LCVNY19Ibgs




ハマさん、ありがとぅ。
2013.05.13
ご無沙汰してます。。。

忙しい“フリ”をしている細川です。

ここまでブログを止めていた理由がとくにあるわけでもなく、

ただなんとなく書かない日が続いてしまった今日このごろ。

ダメだね。。。

~人生は有限~

僕には3人の親方大工がいる。

まるで精密機械のように丁寧に現場を仕上げていく I氏

スピード勝負ならだれにも負けないとガツガツ動く H氏

そして、段取りのスペシャリスト K氏

この3人の親方には小僧の頃より大工としての“すべ”を学ばさせて頂きました。

感謝してもしきれない大先輩方です。

二日前、訃報が耳に入った。

そのお世話になった大先輩の一人が亡くなったと。

享年71歳

何年か前よりガンを患ってたらしいが、

手術後、元気に奥さんとウォーキングをしている姿は何度かみていた。

人生は有限。

それでも、やっぱりさみしい気持ちになる。

お焼香、手を合わせて一言

「ハマさん、ありがとぅ。今の僕がいるのはハマさんのおかげです」

お通夜の後、同じ先輩のもと、大工としての修行をしてきた後輩と酒を飲んだ。

「7年ぶりくらいだな。こーやって飲むの。」

昔話に花が咲いた。




過去の記事一覧
2013.05.22
花が咲きました♪
2013.05.15
この転生の時代を強く生き抜いていくために
2013.05.14
自分と向き合う時間
2013.05.13
ハマさん、ありがとぅ。
2013.04.24
36歳になりました
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.