HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
おせっかい6割、親切4割
2012.07.31
おせっかい6割、親切4割①
所属しています「建設経営者倶楽部」より一冊の本が送られてきました。

この著者(志賀内泰弘氏)切り口が絶妙でおもしろいですよ。

ファンです(#^.^#)

皆さんも是非ご一読を♪




喜んで頂けたので。。。CM
2012.07.30
喜んで頂けたので。。。CM① 喜んで頂けたので。。。CM② 喜んで頂けたので。。。CM③
賃貸マンション、リノベーション工事完了しました。

オーナー様と最終チェック。

喜んでいただきました(*^^)v

古いマンションになればなるほど、入居率が悪い現状。

どこの賃貸マンションオーナー様も悩みの種となっているのではないでしょうか。

当社は、そんなオーナー様の悩みに答えるべく、

デザインや、便利さを兼ね備えた”ローコスト”リノベーションを推進しています。

提案(ラフ図面)及び見積りは完全無料にて対応。

完了後、許可をもらった物件のみ、現場見学会をさせて頂いております。

入居にお困りのオーナー様、お気軽にお声かけくださいませ。

※ブログでの当社CM、失礼しました^_^;

(今回、即入居が決まりましたので嬉しさあまりつい・・・)

ブログ初めて4年目になりますが初めてのCMです(笑



早く寝ればいいのに。
2012.07.28
早く寝ればいいのに。①
0:30、

今日はドライで労おぅ。

35歳、

涙腺も壊れかけ。

幼少時代に聴いたこの曲。

http://www.youtube.com/watch?v=5p1BrMaQLTU

今日も、若干の涙目。。。




動けなかった・・・
2012.07.27
帰りの地下鉄、名城線。

右手には重いカバンとジャケット。

そして、暑さを凌ぐ左うちわ。

矢場町を過ぎた辺りだったかな、

着座する若いカップルから一斉に離れる乗客。

男が吐いた。大量に。

きっとドラゴンズの応援に夢中になり飲みすぎたのだろう。。。

乗客はみんな、しかめっ面。

「やっちまったなぁ」なんて思いつつも、なぜかゲ○には無抵抗なボク。

しかし、拭いてあげるものが一切ない。

何もしてあげられないのに、

「大丈夫かぁ?」

なんて安易に声を掛けられるはずもなく、一人の傍観者になってしまった。

しかし、驚いたのは彼女の行動だった。

まだ、20歳にも満たないような童顔な女の子。

申し訳ない気持ちをこらえながら、気丈に彼氏を支え汚物を拭く。

「テッシュしかないけど・・・」

と差し伸べた中年のおじさんにも、

「すみません。ありがとうございます」と、

これまたしっかりとした対応。

この修羅場の中、

「この子きっと、いいお嫁さんになるんだろなぁ」

なんて、思った僕は最低な人間なのか。

もしそうであったとしても、これだけは彼氏に伝えたい。

「この子といたら、きっと幸せになれるよ」って。

今日、一番の反省点。

傍観者になってしまったボク。

自分の行動を通じて、

あの女の子の人生観に、プラスになる何かがしたかった・・・

胸が痛くても、時すでに遅し。

今後は、拭くものを持ち歩こ。




幸せに生きるための順序
2012.07.27
なんて言えばいいんだろ。。。

そりゃ、みーんな幸せになりたいさ(*^_^*)

でも、目先だけ見て生きてたら絶対にダメだと思う。

むしろ、もったいないよ。

どんな結果になったって、それはすべて自分の選択した路。自分のせい。

後悔は絶対にしない。

もっと、自分を見つめてもっと先を見よう。

そうすれば、今、何をすべきか、どう動くべきかって、自ずと見えてくるんじゃないかな。

「先憂後楽」

楽しみは後にとっておこうよ!

自分の将来がもっともっと楽しみになるじゃんか(#^.^#)




重要な担い
2012.07.27
「頼まれ事は、試され事」

好きな言葉です。

自分がそこの土壌に立っていないと、絶対に頼まれることのない、この担い。

重責だからこそ、やりがいがある。

受けたからには、そりゃ必死でやりますよ。

想定以上に。。。



うれしい追記(#^.^#)
2012.07.26
うれしい追記(#^.^#)①
協力業者様からの何気ない追記。。。

素直に、

「ありがとぅございます」ペコリ~

N氏、でもね、これ逆効果でっせ^_^;

もっっと「がんばろぅ」って思っちゃったもんね~☆ミ




歴史
2012.07.26
歴史①
何百年、何千年という歴史の中、一瞬にして過ぎ去る自分の人生。

人生とは儚く虚しいものかもしれない。

けれども、多くの人間が、多くの世代に渡って繋がっていくものがある。

一人で歴史を作ることはできないが、歴史は一人に意味を持たせてくれる。

あの一人がいたから、何かが繋がる。生まれる。

あの一人のあの時の行動が、数十年後の何かに繋がることがある。

1年、2年、10年、50年、必死に生きる。必死に楽しむ。

そして、後世は神様だけが知る。

そんな生き方もいいじゃない。



Blankey Jet City
2012.07.25
もぅ、20年になるのか。

昔、ギター片手によく聴いてたなぁ。。。

http://www.youtube.com/watch?v=jDykd7mLLic&feature=BFa&list=PL0649167F5BDE871D

http://www.youtube.com/watch?v=FZ_6JzO2KM8&feature=autoplay&list=PL0649167F5BDE871D&playnext=1

懐かしいねぇ。。。



27
2012.07.25
27①
ご関係する皆さま。

お恥ずかしながら、↑こんな感じです。。。

もぅ1、2回は優勝したいな(-。-)y-゜゜゜




完成しました~
2012.07.24
完成しました~① 完成しました~② 完成しました~③
南区A様邸住宅リフォーム工事、本日無事完了いたしました(*^^)v

ビフォー → アフター写真です♪

雰囲気変わりますね~(*^_^*)



おはようございます。
2012.07.23
バタバタの3日間、

横浜行ってました。

今日よりまた、仕事真剣モード!

今週も顔晴りましょ~(*^_^*)




うまっちょ
2012.07.20
うまっちょ① うまっちょ② うまっちょ③
昨夜の懇親会にうまっちょ設営。

みんな楽しんでくれました(*^^)v



龍馬と和歌
2012.07.18
坂本龍馬は、幕末の動乱期に薩長運合を実現させ、歴史を大きく前進させました。

敵対していた薩摩藩と長州藩を和解させるという、独創的な龍馬の発想と行動は、

「和歌」によって育まれていたことが指摘されています。

龍馬の家は祖父母・父母・兄姉みな和歌を詠み、龍馬も姉の乙女に早くから和歌を学びました。

幕末の志士といえば、勇壮な漢詩を作るのが当たり前という時代にあって、

龍馬は漢詩は作らず、和歌を詠み続けました。

和歌の「和」と言う文字は「日本」という意味のほかに、

「和にする」「合わせる」という意味があります。

日本人は昔から「和する歌(和歌)」を詠むことによって、人と入とが和する、

また人が自然に合わせる心を重んじてきたのです。

「世と共にうつれば曇る春の夜を朧月とも人は言うなれ」

これは龍馬の和歌です。

「時の流れと共に輝いたり曇ったりする月だが、

 曇ってぼんやりとしている朧月もまた良いと人は言う」という意味です。

輝く月も、曇っている月も、すべてこれが良しとするのが、和歌の心といえるでしょうか。

職場の教養より




順調です
2012.07.17
順調です① 順調です② 順調です③
解体屋さん、暑い中ごくろうさまです。

あと、もう少し。

がんばってください(*^_^*)




オバケ・・・
2012.07.16
オバケ・・・①
昨日の競技、優勝しちゃいました(*^^)v

若干のブーイング(笑

ハンディキャップ30・・・こうゆうのオバケって言うらしいです^_^;

でも、商品券ゲッツ!

ラッキ~♪




土曜の夜だというのに・・・
2012.07.15
土曜の夜だというのに・・・①
深夜0:00を廻った所で、

「男は黙ってサッポロビール!」

先日、セブンイレブンのスピードクジで当たった、

「男は黙ってサッポロビール!」

うまし(*^^)v

決して友達がいないわけではない。

しかし、この時間に誘える友達は数少ない・・・

土曜の夜だというのに・・・

お酒のお供は大須で買ったゆ~ことの利かない青いキーボードくらいだ^_^;




おはよ~です
2012.07.14
おはよ~です①
今日は土曜日だけど、北に南に西に東へと22:00ごろまで打合せ尽くめの一日です^_^;

忙しい毎日に感謝ですね♪

5年生の息子も今日から議員さん(笑

「You、やっちゃいなよ!」

の一言で応募した子供議員。

なんでも経験だよ!

楽しんで行ってらっしゃい(*^^)v




専務さん
2012.07.14
専務さん①
めちゃくちゃ忙しいのに「暇ですよ~」なんて口癖の専務さん

めっちゃ大変な仕事なのに「楽勝でしょ」なんて口癖の専務さん

休みなしでやってくれてるのに「日曜日も仕事だね~」なんて普通な顔で言っちゃう専務さん

「給料もらいすぎじゃね~」「もっとやらなきゃね~」なんて平気な顔して言っちゃう専務さん

事務処理でテンパってるとき「いいよ~やるよ~」なんて言ってくれる専務さん











まだまだたくさんある感謝の言葉。

お客様には素直に接客。

協力業者様には冷静沈着に対応。

そしてスタッフには働くということの厳しさを。

久しぶりに半日を一緒に行動し、改めて感じました。

「俺、めっちゃ頼ってる。。。」って。

信頼の度合いがあるのならば、それはとっくにMAXを越している。

真弓さんへ

いつも支えて頂きありがとうございます。

感謝です。

事務処理をしながらの休憩中、こんな言葉を目にしました。

******************************************************************

「見返りを求めない」

現代人が、この豊かさの中で幸せを実感できないのは、

努力以上の見返りを求めるからです。

見返りばかりを求めず、努力そのものに意義を見出せるようになれば、

自然と幸せを実感できるようになります。

鍵山秀三郎著

*******************************************************************

これが普通だと考える専務さん。

これが普通だとやりこなす専務さん。

すごいです(#^.^#)

何気にブログに残しました。

普段の生活の中で当たり前になってゆく今の環境。

決していい環境とは言えませんが、今後、努力を続けていくなかで、少しづつでも

みんなが幸せになる環境をつくっていけるようにがんばります!

今後とも、よろしくお願いします(*^_^*)




着工です
2012.07.13
着工です① 着工です②
名東区K様邸住宅新築工事が始まりました(*^_^*)

まずは解体工事から。

安全にお願いしますよ!



オフィス軽トラ
2012.07.13
オフィス軽トラ①
姿勢には困るが、

エアコン効いてて意外に快適(#^.^#)




雨イヤダ。
2012.07.12
おはようございま~す!

雨の日は工事段取りが変更変更で大変^_^;

憂うつな気分を吹き飛ばし、

今日もがんばっていきましょ~(*^_^*)




眠い。。。
2012.07.09
多少なりとやっぱり寝なきゃだめですばい。。。

一日つらかった(;一_一)

今日は強いお酒をグビグビっと。。。

おやすみなさい(-。-)y-゜゜゜




「やるときはやろうよ」
2012.07.08
「やるときはやろうよ」①
自分の子を一人前の立派な人間に育て上げたい・・・

いつの時代、どこの国においても変わることのない、

親としての自然な願いなのではないでしょうか。

べつに人並み以上の優等生を求めているわけでもない。

ましてや、勉強しろ!いい高校いけ!なんてさらさら言うつもりもない。

ただ、

「稼ぐ男になれ」と

唯一、ブレずに子供に言い聞かせているが、

もっと概略を伝えとくべきだったのか・・・

人間なんて千差万別。

人それぞれが自分のもてる素質なり性格、能力を十分に生かす仕事に就く。

これこそが自分の喜びにもなり社会のためにもなる。

幸せな人生にしたいじゃん(*^_^*)

そのために、いま何をするんだ?どう動けばいいんだ?

もっと考えようぜ。

「勉強しろ!」なんて口が裂けても言わないね。

「稼ぐ男になれ!!」

結果、とりあえず事務所で二人。

子供は受験勉強、ボクは見積り作成。

只今AM2:00、さすがに眠たいよな(-。-)y-゜゜゜

ボクは今日、意地でも寝ない。

寝るつもりは一切ない。

朝、子供が目を覚ますまで絶対寝ましぇん。

「やるときはやろうよ」

1%でもいいからこの意味合いを目覚めた時、ボクの背中を見て感じてくれれば・・・




純な曲だねぇ
2012.07.06
やべっ=^_^=

ちょ~かちょいぃ歌!!

って、今ごろ遅い?^_^;

http://www.youtube.com/watch?v=KgdCopLJx1Q&feature=fvwrel




己の克つ
2012.07.05
己の克つ①



「みんなで一歩」
2012.07.04
どんだけすぐれた人でも、一人の努力でできることにはそりゃ、限度がありますよ。

自分一人が先頭に立つことよりも、先頭に立つ人をできるだけ多く育てる。

そっちのほうが話早いよ。たぶん。

責任感もあって、やりがいもあるやろし。

そのうえで、先頭に立った人がやりやすいように手助けするのが自分の役目なのかな。



雨ですね~(-。-)y-゜゜゜
2012.07.03
雨ですね~(-。-)y-゜゜゜①
先日、海開きと同時にOPENを迎えた、

ベルギービールのお店「ベルジャンキッチン」

出だしは上々のようですよ(#^.^#)

神奈川県の天気はどうなのかなぁ~。

雨が心配(-。-)y-゜゜゜



謎の多い魚。。。「うなぎ」
2012.07.01
7月に入りました。

もうすぐ土用の丑の日ですね(#^.^#)

高騰が続くうなぎ。。。

そこには、3年連続の稚魚不漁が大きく影響しているそうです。

実は、うなぎの稚魚は天然資源に依存しています。

そう「うなぎの養殖」とは、天然稚魚を成魚に育てることなのです。

人工孵化や完全養殖の研究は進められていますが、産業として成立するには至っていません。

というのもうなぎの生態は謎だらけ。

うなぎは古代より世界で食べられていた魚ですが、

さばく過程で誰1人として卵を見た人がおらず、

「うなぎはオスしかいない」

とされて研究が進まなかったのだそう。

うなぎに雌雄があるのが判明したのは19世紀に入ってからのことです。

 

日本でもうなぎは古くから食用にされていたようで、万葉集にも

「武奈伎(むなぎ)」として登場。

食べ頃になると胸が黄色くなることから「胸黄(むなぎ)」とも呼ばれたとか。

庶民の口に入るようになったのは江戸時代からで、

栄養価の高い消化のいい食べ物として、愛されてきました。

水から出しても体が濡れているかぎり生きているというたくましさゆえ、

ヌルヌルと動き回るうなぎを調理するための専用包丁も生み出されています。

 

また東西の違いが顕著にあるのも、歴史あるうなぎならでは。

たとえば、さばいて串を刺し一度蒸してから焼く関東に対し関西は串刺し後そのまま焼きます。

また、さばく時も、関東の「背開き」に対して関西は「腹開き」。

これは、武士の町だった江戸で“腹を切る”に通ずるのを嫌がり、

商人の町・大阪は“腹を割って話す”

ことから、というのは、真偽はともかくよく知られた話ですね。

 

さて、「うなぎ上り」と言えば、

物価・温度、また人の地位などがみるみるうちにのぼること(広辞苑より)。

うなぎの稚魚であるシラスウナギは川の河口から上流まで

遡上する力が強いことから生まれた慣用句です。

今後、うなぎの生産量がうなぎ上りに回復すること願いたいものですね=^_^=




過去の記事一覧
2012.07.30
喜んで頂けたので。。。CM
2012.07.28
早く寝ればいいのに。
2012.07.27
動けなかった・・・
2012.07.27
幸せに生きるための順序
2012.07.27
重要な担い
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.