HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
4月より、
2012.03.29
みなさん、おはよぅござま~す\(○^ω^○)/

早いもので3月もあと2日ですね。。。

長かった今期の繁忙期も徐々に落ち着きを取り戻してきました。

当社も4月から、新しい一歩を踏み出します。

形になってきましたら、また報告させていただきますね。

応援してくださる皆さま、協力してくださる皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

今日も、素敵な一日を♪




人間力を高める③
2012.03.27
私がやったのは自分でルールを作り始めたことです。

自分は人より仕事ができないという自覚がありましたから、

まずは1日に1人と会ってじっくり話をすることをルールにしました。

そのサイクルができたところで今度は週に1件必ず契約を取ることを目標にしたんです。

企業のルールとは売り上げやノルマでしょう。

でも私のいうルールはそれとは別なんですね。

ですから、1日に1人と会う、週1件の契約と決めたら、

上司から何と言われようと絶対にこのペースを崩さない。

1件の契約が取れるまで絶対に諦めないし、逆にそれ以上契約が取れそうだとしても動かずに、

その分の時間を次週の営業の予習、アポイントメントに使うことにしたんです。

なによりも継続して安定的に契約を取ることを1番に考えたんです。

  

月刊致知より抜粋

伊藤 浩一(株式会社タウルス)

伊藤さんは、富士通のシステムエンジニアからフルコミッションの保険営業の世界に飛び込み、

年収1億円を稼ぐトップセールスマンになられた方です。

**************************************************

一昨日より、

「人間力を高める」というテーマで「営業の極意」を掲載させていただきました。

みなさんはどう感じ捉えたでしょうか?

「いかに働くべきか」

「いかに考えるべきか」

「いかに生きるべきか」

お三人の言葉からは、

結果を出すためには、人間力が重要であることが分かりますね。

営業の極意=人間力を高める

改めて痛感します。。。




人間力を高める②
2012.03.26
何かに挑戦しようと思ったら、現状は把握しておかないと、チャレンジのしようもありません。

現状がどうなっているかを知らなければ何をやっていいのかさえ分かりませんし。

やっぱり現状をきちっと知って、何が得意で何が足りないかを徹底的に考えて、

大胆に行動しなけば何も変わらない。

 

ラグビー監督時代には、就任1年目で日本一になると宣言し、

 

それを実現するためにあらゆる努力を重ねました。

 

ザ・プレミアム・モルツの営業でも、初めにシェアの目標を高く定め、

 

130店だった銀座でのお取扱店を、いきなり650店、つまり5倍にすると宣言しました。

結果、目標を達成することができたのですが、最初は誰もできるとは思わなかったですよ。

だけど現状をよく見つめて分析すると、可能な数字として浮び上がってくるんです。

月刊致知より抜粋

土田雅人(サントリー東京支社 プレミアム営業部長)

※土田氏は、サントリーラグビー部に所属後、同部監督に就任。

1年目にして日本選手権初優勝に導いた後、サントリー西東京支店長に就任。

東京支社に移動後は「ザ・プレミアム・モルツ」販売の陣頭指揮を執り、2008年サッポロビールの「ヱビス」を抜き、高価格帯ビールでの販売数量をNo.1に押し上げた立役者です。

*************************************************

「いかに働くべきか」

「いかに考えるべきか」

「いかに生きるべきか」

人間力を高める・・・




人間力を高める①
2012.03.25
命懸けで働いたときは、すごい成績が出るんですよ。

かなり前の話ですが、チームでひと月に100億円やったときがありました。

当時は信じられないような数字だけど、1回挑戦してみようと思ったわけです。

私が70億、チームの人で30億。

  

本気で頑張ろうということでスタートしました。

10日くらい過ぎると、力がないから取れませんって言いにくる人がいます。

  

そんなとき私は、

みんな苦しいし、同じところに立っているのに、誰があなただけ力がないって決めたの?

緒戦でもう負けているじゃない。

サラリーマンから10件取るなら、(見込み客)30件にあたらなきゃいけない。

もう一度力を貸してくれる人を書き出して、すぐそこへ行ってきなさい。

行って全部断られてきてみなさい。

そこから知恵が生まれるでしょうと。

私も11社全部駄目で、涙が止まらないので、お寿司を2人前食べたら元気になって、

よしやろう!って思ったら取れたことがあるのよ。

だからあなたたちに簡単にとれるわけないでしょ。

  

でも、取れないと思ったら絶対に取れない。

絶対取れると思って動くのよって言うんです。

やっぱり誠実に一所懸命努力した人に敵はないですよ。

反対に取れない人っていうのは取れない理由ばかり探していて、仕事してないんだもん。

なんでもそうだと思いますよ。

月刊致知より抜粋

柴田和子(第一生命保険相互会社 営業調査役)

**************************************************

「いかに働くべきか」

「いかに考えるべきか」

「いかに生きるべきか」

人間力を高める・・・




疲れているはずなのに、、、
2012.03.23
ついさっきの出来事。

コンビニに立ち寄り、レジの順番待ち。

ボクの前には30歳くらい地味な服装の女性が一人。

と、その女性、

お釣りをもらうと迷うことなく募金箱にチャリンチャリン。

お釣りは323円。

間違いなく全額募金。

「やるね~」

と、心の声。

ボクも負けじとお釣りの256円をチャリンチャリン。

もし願いが叶うなら、

「さっきのおねぇさんに、いいことがありますように。。。」

と、お賽銭のつもりで願い事。

今日は現場残業で疲れているはずなのに。。。

おねぇさんの、その行動で疲れが全部吹っ飛んだ。

普段の何気ない行動で、人の気持ちはこんなにも動左右されるのか。。。

ブログを書きながら、若干の涙目。

やさしい気持ちいただきました(#^.^#)




段取り八分、仕上げ二分
2012.03.21
良い職人であればある程、懇切丁寧なまでの準備をする。

つまり、どんなに準備をしても過度にはならない、ということ。

入念な準備をしておけば、ある程度の姿勢で物事は成せるもの。

「段取り八分、仕上げ二分」

的を射た言葉(ことわざ)ですね。。。

もともとは大工さんに使った言葉ですって。

そう言えば、まだ見習いのころ親方によく言われましたよ、

「段取り八分だ!バカヤロ~!」

ってね(;一_一) 

思い出しますわ。。。

でもこれって、どんな職種でも通ずるんですよね。

みなさんどぅですか?

段取りよくやっていますか?

「段取り八分・・・」

この言葉を聞くと亡くなった親戚のおじさんを思い出します。

僕のおやじって普段は物静かなんですけど、この時だけは熱く語っていて、

そんなおやじ見るの、はじめてだったんで今でも鮮明に覚えているんですよ。

(おやじから見ておじさんは義理兄、仕事も同業です)

それは、、、

おじさんのお葬式後の夜、身内みんなで飲んでる時のことでした。

おやじが涙目になって急にしゃべりだしたんですよ。

「あの人は、すごかった・・・」

「仕事では到底勝てないな」

って。

何気ない一言だったんですが、普段しゃべらないおやじだけに、

その場が一瞬にして静かになったんですよ。。。

で、

何がすごいって話になるでしょ?

そしたら、こう言ったんですよ。

「あの人は、手を動かしながら10歩先の仕事をしていたんだ」

って。

「あの人の、段取りの仕方はすごかったんだ」

って。

なんか、その言葉に感動しちゃって。。。

「おじさん、かっこいぃ!」って本気で思ったんですよ。

それからですね「段取り八分・・・」を意識するようになったのは。

それからというもの、夢にまで出てくるくらい事前に段取りをするようになりましたよ。

今の僕が大工として続けていられるのも、ある意味、おじさんのおかげですね(*^_^*)

感謝です(*^_^*)

僕もいつかおじさんみたいに、

「あの人は、すごかった」

「あの人は、手を動かしながら100歩先の仕事をしてた」

な~んて言われるようになりたいです(#^.^#)

常に努力、常に修練ですね!

顔晴ります!!




ギリ工程通り
2012.03.20
ギリ工程通り① ギリ工程通り②
日進市駅前

「居酒屋&Dining 心」

店舗新装工事

超突貫工事ですが、ギリ工程通り進んでおります。

協力業者の皆さま、遅くまでありがとぅございます(#^.^#)




またあなたから買いたい!
2012.03.18
またあなたから買いたい!①
猛烈に売るカリスマ・アテンダントの齋藤さん。

講演会も2回ほど拝聴したことがあります。

今日は、そんな斎藤さん著書

「またあなたから買いたい!」

をご紹介させていただきます。

普通、平均片道7万円のところ、時には四倍近くの26万円を売る。 満席で400人という車内で、187個の弁当を売った記録も持っています。

本の中から、いくつかその秘密を紹介しますね!

(その1)

「僕はよく新幹線に乗るんだけど、どうしても買いづらいものがあるんだ」

と、40歳くらいの男性に言われたことがあるそうです。 それはアイスクリーム。 たしかに、ちょっと恥ずかしげに、

「アイスクリームを下さい」

とおっしゃるお客様がいる。そこで、できるだけ小さい声で

「バニラとモカをご用意しておりますが・・・」

とお尋ねするようにしているそうです。 その場その場で、お客様の表情の変化を見ながら、 その状況にあった配慮が必要といいます。

(その2)

山形新幹線は福島駅から在来線を通ります。そのため、山形出身の方は、

「福島を過ぎた頃からほっと安心する」

と言うそうです。ある時、お客様が紙袋を差し出されて、

「おねえちゃん、これ、なげてけろ」

と言いました。

「これ投げるのですか」

と聞くと、

「おまえ、山形のもんじゃねえな。  なげるというのは、東北弁で捨てるという意味だ」

と教えてくれたそうです。 以来、ゴミらしきものがあると、

「お客様、これなげてもいいですか」

と聞くと、お客様は満面の笑みが帰ってくるといいます。

(その3)

マニュアルでは敬語で接することになっています。 しかし、それではうまく伝わらないこともあるといいます。 コーヒーを頼まれたお客様に、

「ミルクとお砂糖はお付けしますか」

と伺っても、耳の遠い方だと車内の騒音で聞き返される。 そんな時、お客様の耳元で、

「お父さん、ミルクとお砂糖どうします」

と聞くと、

「ああ、入れてくれ、入れてくれ」

と、すなんり通じることもあるそうです。 また、マニュアルとは違っても、おじいちゃの手がおぼつかない時には、 こちらでお砂糖とミルクを入れて差し上げることもあるそうです。

三つのエピソードに共通するのは、マニュアルを超えるサービスです。

思いやりの心ですね(*^_^*)

こんなにデキル人にもかかわらず、始めて17年も経つのに、 本人の希望で二ヶ月更新のパート契約だそうです。

でも、パートだからといって、会社に遠慮はしません。 次々と、商品の提案をします。 その根底にあるのは、

「会社のためではなく、お客様のために働いている」

という思いだといいます。

正社員だからやり甲斐が持てないというのではない。

正社員とかアルバイトとかいう雇用形態の問題よりも、本当にお客様に喜んでいただけるために、どれだけ自分の工夫が活かせるか。 そのほかが大事だと思うからだそうです。




子供に伝えたいこと
2012.03.17
勝ったときに、気配りできるのはむしろあたりまえ。

負けたときに、人間本音が出るんだよ。

悔しくて、悲しくてしかたがない時、それでも、

周りの人、お世話になった方々に

「ありがとうございました!」

こんな一言が言える人間になってほしい。

負けることを覚えることから、 人は人に優しくなれるんだよ。きっと・・・

**************************************************

「負ける練習」

柔道の基本は受け身

受け身とは投げ飛ばされる練習

人の前でたたきつけられる練習

人の前でころぶ練習

人の前で負ける練習です

つまり、人の前で失敗をしたり

恥をさらす練習です

自分のかっこ悪さを

多くの人の前でぶざまにさらけ出す練習

それが受け身です

長い人生には

かっこよく勝つことよりも

ぶざまに負けたり

だらしなく恥を

さらすことのほうがはるかに多いからです

そして

負け方や受け身の

ほんとうに身に付いた人間が

人の世の悲しみや

苦しみに耐えて

ひと(他人)の胸の痛みを

心の底から理解できる

やさしく暖かい

人間になれるんです

そういう悲しみに耐えた

暖かい心の人間のことを

観音さま、仏さま、と

呼ぶんです

「負ける練習」相田みつを




すげ~
2012.03.16
すげ~①
↑↑油絵ですって!

写真じゃないんですって!

すげ~技術(゜ロ゜)



時代
2012.03.14
う~ん、いい曲♪

http://www.youtube.com/watch?v=tKvAv4_FIY4&feature=related

まわる~ま~わる~♪

覚えたい一曲ですね~(*^_^*)



突貫です!
2012.03.13
突貫です!① 突貫です!② 突貫です!③
日進駅前

「 居酒屋 & dininng 心 」

店舗新装工事です。

4/5OPENの向け、急ピッチに進んでおります。

協力業者の皆さま、無理ばかり言いますがよろしくお願いします\(^_^=^_^)/




夢と感動を与えるには
2012.03.12
ご存知の方もみえるかもしれませんが、ある有名な実話です。。。

**************************************************

東京ディズニーランドの中にあるレストランでのお話。

若い夫婦が二人でそのレストランに入りました。

店員はその夫婦を二人がけのテーブルに案内し、メニューを渡しました。

するとその夫婦はメニューを見ずに

「お子様ランチを2つ下さい。」

とオーダーしたのです。店員は驚きました。

なぜなら、ディズニーランドの規則で、お子様ランチを提供できるのは9歳未満と決まっているからです。

店員は、

「お客様、誠に申し訳ございませんが、お子様ランチは9歳未満のお子様までと決まっておりますので、ご注文はいただけないのですが...」

と丁重に断りました。

すると、その夫婦はとても悲しそうな顔をしたので、店員は事情を聞いてみました。

「実は…」

と奥さんの方が話し始めました。

「今日は、亡くなった私の娘の誕生日なんです。

私の体が弱かったせいで、娘は最初の誕生日を迎えることも出来ませんでした。

子供がおなかの中にいる時に主人と

“3人でこのレストランでお子様ランチを食べようね”

って言っていたんですが、それも果たせませんでした。

子どもを亡くしてから、しばらくは何もする気力もなく、最近やっと落ち着いて、亡き娘にディズニーランドを見せて三人で食事をしようと思ったものですから…」

店員は話を聞き終えた後、

「かしこまりました」

と答えました。そして、その夫婦を二人掛けのテーブルから、四人掛けの広いテーブルに案内しました。

さらに、

「お子様はこちらに」

と、夫婦の間に子供用のイスを用意しました。

やがてそのテーブルには、お子様ランチが3つ運ばれてきました。その店員は笑顔でこう言いました。

「ご家族で、ごゆっくりお過ごし下さい」

この夫婦から後日届いた感謝状にはこう書かれていました。

「お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。

まるで娘が生きているように、家族の団らんを味わいました。

こんな体験をさせて頂くとは、夢にも思っていませんでした。

もう、涙を拭いて、生きていきます。

また来年も再来年も、娘を連れてディズニーランドに行きます。

そしてきっと、この子の妹か弟かを連れて行きます。」

**************************************************

この店員の行動は明らかに規則違反です。

しかし、この行動について上司からお咎めを受けることは ありませんでした。

なぜなら、この店員はディズニーランドが 最も重要視しているルール(お客さんに夢と感動を与える)に従って行動したからなんですよね。

その、

なんと言うか、

サービスの仕組み(マニュアル)や接客のレベルを超えてますよね。。。

これぞ究極のホスピタリティーなのではないでしょうか。

マニュアル通りにだけではなく「ココロ」を大切にしていきたいものです。



かてぃはちごー、なちいっす
2012.03.12
沖縄のことわざです。

「借(か)てぃ 八合(はちごー)、成(な)ち 一升(いっす)」

人から、八合の酒や醤油を借りたとします。

八合借りたから、八合返せばいいということではありません。

八合借りたら、一升返すように心掛けようという意味です。

人は一人では生きていけません。

いつも、「誰かのおかげ」

と思っていれば自然に湧いてくる心なのでしょうね(*^_^*)




狭く小さな、自己を捨てよ
2012.03.09
失敗したり、

商売が行き詰まって、

打ちのめされたとき、

自分の心を見つめてみよう。

自分のことにのみ囚われてはないかを。

心が縮んで、後ろ向きになっていないかを。

そして、改めて眺めてみよう。

仕事を通じて果たすべき自分の使命を。

視線を遠くに、

高い目標を見据える時、

勇気が凛々わいてこよう。

ある冊子より。。。



「ひまり」ちゃん
2012.03.09
「ひまり」ちゃん①
↑↑弟の第一子「ひまり」ちゃん(*^_^*)

ボクの姪ッ子です。

無事に産まれてきてくれてありがとう♪

かわいぃね(#^.^#)



徹夜明け
2012.03.08
みなさん、おはよう♪

2日連チャンでの徹夜明けで~す(;一_一)

ナチュラルハイ!ってやつですかね。。。

意外にテンション高めです(*^^)v

今日もがんばっていきましょね~♪



「つ」のつくまで
2012.03.06
みなさ~ん、おはようございま~す♪

今朝は、うれしいニュースから。

実家で家業を手伝っている弟の赤ちゃんが産まれました~♪

おめでと~♪

ほぼ予定日通り!母子共に安定してるって。

ほっと一息ですね(#^.^#)

よし君、これからが大変ですよ!

子育てがんばってくださいね(*^_^*)

みなさんは、子育てに関してこんなことを聞いたことないですか?

『「つ」のつくまでが大事』って。

子供を教育するのは、9歳(ここのつ)までが大切と言うのです。

ひとつ、ふたつ、みっつ ~~「 ここのつ」 までは「つ」が付くが、

それ以上は、じゅう、じゅういちと「つ」が付かない。

「つ」の付く9歳、「ここのつ」までに家庭教育をしなさいということなんですね。

国語や算数の英才教育のことではなく、

「あいさつをする」「履物をそろえる」などの

人間本来のあるべきための家庭教育ですね。

子供は10歳を超えると、

「なぜ、挨拶をしなければならないの?」

「履物は、いちいちそろえなくてもいいのじゃない?」

と言うように理屈が出てきますからね。。。

子どもの脳は、とても柔軟で吸収も早いので、

できるだけ、美しいものに触れ、豊かな心を育てるためにも、

この「つ」のつく時期を大切にしていきましょうね♪



夜食といえば
2012.03.05
夜食といえば①
↑↑やっぱこれっしょ!

でも、体にはよくないやろね・・・。

太るし。

しかもこの時間はやばいでしょ^_^;

まぁ、朝食と思えば誤差の範疇か。。。




「損と得あらば損の道をゆくこと」
2012.03.05
一日一日と今日こそは

あなたの人生が新しく生まれ変わるチャンスです

自分に対しては損と得あらば損の道をゆくこと

他人に対しては喜びのタネまきをすること

我も他も物心共に豊かになり

生きがいのある世の中にすること     

~ダスキン経営理念~



上を向いて
2012.03.03
みなさん、おはよぅございま~す!

「いい流れは自らによって創り出す」

気分のよい朝、今日もがんばっていきまっしょ(*^_^*)



グレシャムの法則
2012.03.02
『悪貨は良貨を駆逐する』

自然に放っておくと、本質的に大切なことよりも、

目の前に現れた要件を片づけることが優先され、

重要な要件には手をつけられなくなってしまう。

気づいた時にはもう遅い(;一_一)

なんてことにならないように、気をつけなければ・・・。

ゆとりのある毎日を(*^^)v

自分に言い聞かせてます(泣




生き方は人それぞれ
2012.03.01
みなさ~ん、おはょぅございま~す♪

早いものでもぅ3月ですね。

今月も、いぃ風に乗っかれますように(*^_^*)

昨日(2/29)は4年に一度の貴重な一日、うるう年。

昨夜の食事会でこんなことを耳にしました。

「余分な一日だなぁ・・・。」

なんと言ったらいいのか^_^;

言葉につまる想い・・・だったかな。

そりゃ、100人いたら100通りの考え方がありますよ。

でも、しかし、やっぱり・・・

否定はしないけど、

ただ、なんとなく、やっぱり・・・

もったいない生き方だと思う。



過去の記事一覧
2012.03.27
人間力を高める③
2012.03.26
人間力を高める②
2012.03.25
人間力を高める①
2012.03.23
疲れているはずなのに、、、
2012.03.21
段取り八分、仕上げ二分
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.