HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
漢字テスト
2012.02.29
漢字テスト①
次男坊(ハル)の漢字テストを盗撮。。。

なかなかやるじゃね~か(;一_一)

ハル(子)→小学4年生→47問正解→94点

ボク(父)→大人34歳→36門正解→72点

おぃおぃ・・・^_^;




『忙しい人』=ボク・・・。
2012.02.28
『忙しい人』=ボク・・・。①
1、『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。

『仕事...ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。

2、『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。(なんとなく終わったらいいな~的な)

『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。

3、『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。(納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。)

『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)

4、『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。

『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱される事がほとんどない。

5、『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。

『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。

6、『忙しい人』は、「プライベートの時間を、とれたらいいな」的にしか考えていない。

『仕事ができる人』は、「プライベートの時間は絶対にとる」と最優先的に考え、その時間をホントに大切にする。

7、『忙しい人』は、相手の期待よりちょっと低い仕事を行い、手直しで時間をとられる。その為に誉められる事も少なく、モチベーションも上がらない。

『仕事ができる人』は、相手の期待を少し上回る形の仕事を行うので、手直しがほとんどない。そのためお客様や上司から誉められる事も多く、モチベーションもアップしていく。

8、『忙しい人』は、ホントはやらなくてよい仕事をたくさん抱えている。断るという事が苦手

『仕事ができる人』は、自分しかできない仕事が中心。頼まれた仕事を断る事ができる

9、『忙しい人』は、仕事にとりかかって、段取りを考える

『仕事ができる人』は、段取りを考えて、仕事にとりかかる

10、『忙しい人』は、段取りを考える時間を短時間で済まそうとする。

『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる

11、『忙しい人』は、根回しがヘタ。仕事が完成した後に、関係者から異議がでて、トラブルシューティングに奔走する

『仕事ができる人』は、根回し上手。仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを完了させる。仕事完了後に関係者からの異論はほとんど出ない。

12、『忙しい人』の優先順位は、納期期限が中心。納期が迫っているモノが優先順位が高い仕事になっている

『仕事ができる人』の優先順位は、仕事の効率とその仕事の目標への寄与・貢献度。

13、『忙しい人』は、集中できる環境を作る事ができない。電話や誰かが話しかけてきて作業の邪魔をする為に、同じ事を何度も考えないといけない。

『仕事ができる人』は集中できる環境を作る事ができる。誰も思考や作業を邪魔しない環境を作る事ができる。

14、『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。

『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つ事で防いでいる。

15、『忙しい人』は、自分が他人に頼んだ事を忘れている。頼んだ相手も、頼まれた仕事を忘れており、それがトラブルを生み出す。

『仕事ができる人』は、自分が他人に頼んだ仕事は決して忘れない。時折、チェックも入れるので、相手も忘れることができない。

16、『忙しい人』は、他人に事を頼むのがヘタ。依頼する際の打合せがヘタな為に、完成物を自分で手直しするのに時間がとられる。(人に頼まずに、自分でやった方が速いといった事になる)

『仕事ができる人』は、他人に事を頼むのが上手。依頼する際の打合せで詳細にイメージ合わせをする為に、完成物の手直しなどがほとんど発生しない。

17、『忙しい人』は、学習する時間をとれていない。いつまでも同じやり方で仕事をしている。

『仕事ができる人』は、どんなに忙しい時でも学習時間の確保を行っている。学んだ知識をもとに、もっと効率的な仕事のやり方を求めて、いつもチャレンジをしている

18、『忙しい人』は、同じような仕事でも、イチイチ考えながら仕事をしている。

『仕事ができる人』は、同じような仕事が発生したら、考える事なく、仕事ができる仕組みを作り上げている。

19、『忙しい人』は、運動などにも時間がとれなかったり、睡眠不足で仕事をしてしまう。時には徹夜も。そのため体調不良をおこしたり、身体に無理して仕事をしてしまう。それが原因のミスも生まれたりしてしまう。体調によりモチベーションも不安定になる。

『仕事ができる人』は、適切な運動を定期的に行い、十分な睡眠をとり仕事を行う。体調不良によるミス、集中力欠如によるミスは少なく、常に安定したモチベーションを維持している。

20、『忙しい人』は、「忙しい状態」を甘んじて受け入れてしまっている。

『仕事ができる人』は、「忙しい状態」事は絶対にイヤ。受け入れる事ができないと思っている。

作者: 小林英二

作成: 名言集

****************************

ひどい言われよう・・・。

けど、合ってる・・・^_^;



抽象的すぎ?
2012.02.28
抽象的すぎ?①
みなさ~ん、

|* ̄o ̄|お|* ̄O ̄|は|* ̄。 ̄|よ ~ございま~す!

今日も元気に顔晴っていきましょ~♪

ある加盟している会合で、ちょっとした役をいただきました。

初仕事は「10訓」作成です。

抽象的すぎますかね。。。??




ボクの一日
2012.02.27
どもで~す!

今日はテンション高めに(*^^)v

一日中ドタバタです!

朝一より、スタッフと材料積込み~見送り。

8:00~、メールチェック~見積り作成~各所現場の段取り。

(※僕が平行して担当している現場は大小合わせて6件です。

 ちなみに、平野専務担当は7件。。。 

 完全にオーバーワークですね。。。体制変えていかなきゃ^_^;)

10:00~、移動~車中食事(ブランチ。。。)

11:00~、津島市で今週より着工のマンションリノベーション工事の打合せ。

1:00~、移動~事務所着

2:00~、打合せ段取り

3:00~、外注大工さんと次現場の打合せ

3:30~、着工中の居酒屋新装工事、メーカーさんと什器打合せ

4:15~、上記現場の電気設備業者と打合せ

5:00~、3/5着工の某医院大規模改修工事、現場代理監督さんと打合せ

8:00~、事務所にて夕食。名鉄パレの太巻き¥525(笑

9:00~、現時点。

と、まぁいつもこんな感じです(#^.^#)

こうやって書き出してみると、意外に忙しぶってますね。。。

忙しい毎日に感謝です!

9:30、

よし、まだまだぁ!!

がんばるぜょ(*^^)v

 

テンション高めに!ポジティブに!




快晴です♪
2012.02.27
みなさ~ん♪

おはょうございま~す!

今日も素敵な一日を(*^_^*)




やっぱ、これっしょ!
2012.02.26
やっぱ、これっしょ!①
日曜日、

終わりなき事務処理の途中、

息抜きに一冊の本を手に取る。

これがまた、想定外に泣ける物語(゜-Å)

こんな本、毎日見るといいですね!

やさしい気持ちになります。。。

ちょうど、3時だし。

休憩だし。

泣いたし。

塩分補給と言えば、

やっぱ、これっしょ(笑




ポジティブにいきましょ♪
2012.02.25
「人は成功したから幸福なの?」

一般的な在り方としては、

「努力→成功→幸福」

が妥当な順序だと教育をうけ、

「努力が大事」

と習うことだろう。

しかし実は、

「幸福→努力→成功」

だとしたら?

成功と幸福の関係性について、今は、

「ポジティブ心理学」

という。

研究では単純なテスト(幼児に課題通りの絵を描かせる)から、

医師の誤診に関わるシミュレーションまで、

事前にちょっとした幸福感を感じてもらうだけでも、

その結果に歴然とした差が出たという。

ネガティブな感情は視界を曇らせ、視野を狭くする。

逆にポジティブな感情は思考を柔軟にし、視野を広くする。

「幸福感が成功の確率を高める」

ということなのだ。

そして逆にいうと成功したからといって必ず幸福になるものではない、

ともいえるのかもしれない。



ありがとぅございます!
2012.02.23
ありがとぅございます!① ありがとぅございます!②
着工中の日進駅前「居酒屋&dining心」の打合せです。

時計を見ると、23:50

中川さん松原さん、遅くまでありがとうございました\(=^O^=)/




雨ですか。。。
2012.02.23
みなさ~ん、おはよぅございま~す(*^_^*)

今日は一日中こんな天気になりそうですね。

気分だけでも元気よく!

今日も一日かんばっていきましょ~(*^^)v



混沌の時代に
2012.02.22
混沌の時代に① 混沌の時代に②
みなさん、おはようございま~す。

朝一の更新で~す(*^_^*)

昨夜は、愛知中小企業家同友会港地区2月例会に参加してきました。

テーマ:2012年のグローバル化を思考する。

講師:愛知淑徳大学 ビジネス学部 教授 真田幸光氏

一国主義による「グローバル化」の終焉

「市場が経済を動かし、地政学が国家の安全保障に影響を与える」

世界に変化は見えるか?

行き過ぎた信用創造の調整はなるか?!

その際に起こるであろう実態経済の縮小に伴う社会的不安、不満の芽を如何に摘み取るか?

2012年の世界は「混沌」が深まり、無極化が進展する。。。

何やら、難しい話がいっぱいでしたね^_^;

僕たちはこの「混沌」といわれている時代にどのようにして推進すべきか?

・出来ないことは出来ない理由を客観視、具体的に検証し、

 その出来ない理由を排除し努力を行うこと。

・ピンチはチャンス、厳しい時であっても、

 常に逆転の発想を以ってビジネスと向き合うこと。

・慎重に検討し、大胆に動くこと。

・優先順位としては、考えるよりも先ずは動く、

 動いて問題が出れば、修正しながら動くこと。

結局は自らが、日本経済再生に向かって努力していくしかない、そんな厳しい、、、

しかし、それは考えようによってはとても楽しい時代なのかもしれませんね。

「人は真理によって生かされている」

自らの倫理観に従い、前向きに生き抜いていきましょう。




盥に一滴の水
2012.02.21
盥に一滴の水①


昨日の自分にちょっぴり勝ちましょ(*^^)v



心豊かに生きる
2012.02.20
心豊かに生きる①
建設経営者倶楽部(※)でもお世話になっている、降旗さん著書、

「マネジメントの流儀」

出版記念講演会に参加してきました。

降旗さん、貴重なご講演ありがとうございました。

事務所に戻り、さっそく完読。

「五まめ」実践で心豊かに生きる(*^^)v

読みやすく分かりやすい本でした。

みなさんも是非!

(※)建設経営者倶楽部

↓↓

http://www.hata-web.com/kensetsu/?type=iso



コツコツと、
2012.02.20


「盥に一滴の水」  鍵山秀三郎氏 

好きな言葉です。

「盥(たらい)に一滴の水を加えても、見た目にはまったくわからない。

しかし、確実に一滴は増えるのだ。それが積もり積もって盥はいつか必ず満ちる。

成功につながる努力というのはそういうものである」

という意味です。

コツコツ、

コツコツ、

コツコツ、

ムキになってがんばっていきましょ(*^_^*)




祝!一周年!
2012.02.20
Cafe Dining Ludico 様

一周年おめでとうございます!

「あっ」という間の一年でしたね♪

中川さまスタッフの皆さま、心よりお慶び申しあげます(*^_^*)

本日より「祝一周年記念フェア」もやっているみたいですよ。

超お得なランチもご用意されてるみたいです(*^^)v

みなさんも、お近くの際には是非お立ち寄りくださいませ。

http://ameblo.jp/ludico/

ちなみに。。。

本日より2店舗目

「居酒屋&Dining心」

の工事着工です。

4/5 OPEN予定です。

こちらも、当社総力上げてがんばります(*^^)v



迷うな。
2012.02.19
迷うな。①
結局こんな時間まで仕事・・・

3時間後には現場に行かないといけないし。

このままか仕事するか、

寝るべきか。。。

とりあえず、食べるか(笑

ん??

夕食になるのか?

朝食か?

牛丼にするか?

トーストか?

ビールか?

コーヒーか?

迷うな。

とりあえず風呂でも入るか。。。




悩めるS君へ
2012.02.18


たとえばさ、

誰かを愛するようになると、

自分の欠点やいやな部分を相手に気づかれないようにするでしょ?

それってたぶん虚栄心からじゃないと思うんだ。

相手を傷つけまいとしてるんだよ。

だから、

相手がいつかそれに気づいて嫌悪感を抱く前に、

なんとか自分で欠点を直そうとするんだよ。

それも一つの成長の仕方なんじゃないかなぁ。

僕の変わった価値観で恐縮だけど、

視点を変えて考えてみるのもおもしろいと思うよ。




フランクミュラー??
2012.02.17
フランクミュラー??① フランクミュラー??②
決して偽物ではありません。

「フランク三浦」の時計

¥3,980(笑)




リンゴのお話。
2012.02.17
リンゴのお話。①
バレンタインリンゴいただきました!

カワイィですね~

ありがとぅございます(*^_^*)

今日はこのリンゴにちなんだお話。

切って置いていても変色しない、

そして腐らない。良い香りを保ったまま、ドライフルーツのようになっていく。

みなさんは「奇跡のリンゴ」を知っていますか?

http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E2%80%95%E3%80%8C%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A6%86%E3%81%97%E3%81%9F%E8%BE%B2%E5%AE%B6%E3%83%BB%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%A7%8B%E5%89%87%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E7%9F%B3%E5%B7%9D-%E6%8B%93%E6%B2%BB/dp/4344015444

奇跡のリンゴを作った木村秋則さんは青森県出身で、農薬散布で、ご自身や奥さんの皮膚がやられたことをきっかけに、農薬をまったく使わないリンゴ栽培を決意して取り組みます。

ところが、3年たっても4年たっても、りんごは実るどころか、りんご畑の状況はますます悪化するばかりだったのです。

ほとんど収入の無くなった木村さんは、生活費を稼ぐために、キャバレーの呼び込みの仕事をしたり、東京に出稼ぎで出てきて、山谷でホームレスまですることになるのです。

収入がないので、ご飯も満足に食べられず、畑の雑草で食費を切りつめ、子供達には学用品も買ってあげられない極貧生活を何年も続けるのです。

6年目の夏、木村さんは万策尽きて、800本のりんごの木が飢えて死に掛けていることに気づき、愕然とするのです。

りんごなんかもう実らせなくてもいい、とにかく枯れないで生きていてくれ!と、頭を下げて、頼むことしかできなかったのです。

自分の力ではどうにもならないことを悟ったときに、木村さんは初めてりんごの木に心から向かい会うことができたのです。

同じ生命体として、純粋無垢な心で、りんごの木に謝り、お詫びをして感謝を深めたのです。

やれることはすべてやったのだ!これ以上すべきことはもう何もない!自分がいなくなれば、みんな今より幸せになるに違いない!と、彼は、死を覚悟して、死に場所を求めて岩木山に登るのです。

木村さんは、2時間ほど登った山の中で、首を吊るには、ちょうど具合のいい木があったので、ロープを木にかけようとしたのですが・・・。

そのロープの端が指をするりとぬけて、あらぬ方向に飛んでいったのです。

そして、ロープを拾いに山の斜面を降りると、月の光りの下に「りんごの木」が魔法の木のように輝いて見えたのです。

本当はドングリの木だったのですが、極限まで追い込まれていた木村さんには、「りんごの木」でもドングリの木でもどちらでも良かったのです。

農薬も肥料も何もないのに自然の中で、たくさんのドングリの木が元気に成長しているのです。

「なぜ農薬もかけていない山の木に害虫も病気ないのだろう?」

木村さんは、脳天を稲妻に貫かれたような気がしたそうです。

ドングリの木の根本の土を掘り返すと、手で掘り返せるほど

柔らかいのです。

山の中の生きた土は、温かくて、なんとも言えぬいい匂いがするのです。生命力のパワーです。「自然の力」です。

木村さんは自然の持つ偉大なパワーに心から感動して、心臓が高鳴ります。

この自然の山の土を再現すれば、りんごが実るのではないか?と、直感と言うより自分の頭の中で誰かがささやいているような気がしたのです。

今まで木村さんは、土の上のこと、目に見える土の上の木のことしか見ていなかったのです。

大事なのは土の中だと気づいたのです。

目に見える現象はすべて結果の現れですから、その結果には、その背後に目には見えない原因の世界があるのです。

自然の山の土の力=自然の中の命の根源の力の中に、長年追求し続けて来た答えがあったのです。

家族や周りの人に迷惑をかけて、死に物狂いで追い求めてきた答えが結果の世界にはなくて、根本的な原因の世界にあったのです。

木村さんの命を賭した絶望の中で、自然から一番大切なものに気づかされたのです。

まさしく、がけっぷちの気づきだったのです。木村さんは、暗闇の中に一筋の光明を見たのです。

それから、木村さんは、ロープも自殺の事も忘れて、早速、自然の山の環境をりんごの畑で再現したのです。

そして、9年目の春、木村さんの畑に奇跡が起きたのです。

不安で、畑を見に行けない木村さんの所に、隣りの人がやってきて「花咲いでるぞ!」と教えてくれたのです。

おそるおそる、小屋の陰から畑を覗き込むと、畑には一面の白い花が咲いていました。

・・・続きは本をお買い求めください。

奇跡の無農薬リンゴ。

すごいです。。。




意外に・・・目、パッチリ
2012.02.16
意外に・・・目、パッチリ①
今夜は、

こんなん聴きながら・・・

http://www.youtube.com/watch?v=Lzl_UNc7FEw

ケツメイシで唯一歌えるこの曲。

今日も、

夜な夜な、見積り&工程表作成。。。

忙しい毎日に感謝しながらも、

この環境から脱出を望むボク。。。

セクシーさは負けるが、睡眠時間はガクトに引けを取らない。。。



へぇ~、そうなんだ~
2012.02.15
・・・。

みんな、言ってる事に大した差なんかないんだよね。。。

ただ、

言っている事に大した違いはなくても、

やっている人とやっていない人との差って、こぉ~んなにも大きいと思うの。

たぶん、言ってる言ってないなんかはどうでもいい問題で、

やらなあかんのだよ。

動かなあかんのだよ。

口じゃなくて、手。

手よりも頭。




こんな話
2012.02.14
何気に、

「大工」って何よって聞かれたの。。。

んぅ~??

「大人の工作」

なんか、カックイィ(*^_^*)




大人の家具屋さん
2012.02.13
大人の家具屋さん① 大人の家具屋さん②
素敵な家具がいっぱいありましたよ。

みなさんも是非(*^_^*)

石川橋を東に少し上った、デニーズの2Fです。

オーナーさん知り合いです!

値引き交渉できるかも(*^^)v



ガマンできず・・・
2012.02.12
ガマンできず・・・①
いつものように、

事務処理が長引き、

夜な夜なポテチ。。。

そりゃ太るわな(;一_一)



値引き
2012.02.12
最近の折込みチラシ、

値引き競争が激化していますね・・・

不況になると、値下げをして売上を上げようと考えます。

顧客側も「こんな時代だから」とって値下げ要求をすることが当然に増える。

しかし、

「お客様の要求だから」

「他社が下げたから」

「とにかく在庫をなくしたい」

といって安易に値下げに踏み切っていいのだろうか・・・

値下げをした場合の効果について考えてみました。

ある商品を10%値下げした場合、売上をどの程度増やせばトントンになるのだろうか。

まず、

「10%売上を増やす」と仮説します。

単価が10%さがるので数量を10%増やせば売上がトントンになるという考えです。

しかし、これは厳密には間違いですね。

0.9×1.1=0.99

で売上は99%にしかなりません。

しかも、

売上がトントンでは企業は成り立ちません。

せめて利益がトントン以上にならなければ、値下げをすることの効果は期待できないですよね。

ここでは限界利益率(売上から外注費や材料費などの変動費を引いたもの)が大切です。

限界利益率が30%で単価10,000円の商品を、10,000個売っている会社が、

10%値下げをした場合に、限界利益をトントンとするためには、

売上をどの程度増やせばよいかを考えてみよう。

「当初の限界利益」

10,000円×0.3×10,000個=3,000万円

「10%値引き後の1個当たりの限界利益」

10,000×(0.3-0.1)=2,000円

限界利益をトントンにするための必要販売量は、

3,000万円÷2,000円=15,000個

つまりこの場合、

単価を10%値下げしたら、売上は50%増やさなければならないことになります。

では、上記の商品の限界利益率が80%とした時、

10%値下げによりどの程度売上をふやせばいいのか考えてみましょう。

当初の限界利益

10,000円×0.8×10,000個=8,000万円

10%値引き後の限界利益

10,000×(0.8-0.1)=7,000円

必要販売量は、

8,000万円÷7,000円=11,428個

つまりこの場合,単価を10%値下げすることで14%以上売上が増える見込みがあれば、

値下げは増収に寄与するということです。

たとえば、

マクドナルドが単価を下げても業績好調なのは、限界利益率が高いことが考えられますね。

現在の苦境を脱するために、値下げに活路を見出そうとする考えが浮かぶかもしれません。

しかし、

かえって減益になることを考えることも危機管理として必要ですね。

値引きだけではなく、こんな時こそ、

付加価値や知名度、ブランド力を上げることに注力したいものですね(*^^)v




mission
2012.02.10
mission①
「五つの『自』を実行せよ」

まず、心すべきは日本人の十人に一人程度にすぎないといわれる、

・自主判断

・自助努力

・自己責任

大半は周りの様子を見、人の後をついて行くタイプではないか。

そして他に頼らない、

・自立

自らの考えで行動する、

・自律

月刊「致知」3月号より

日進月歩、常に前進(*^_^*)

一生懸命やっていれば、必ず誰かが助けてくれる。絶対に・・・

信念を持って努力し続けよう。




喜んで働く
2012.02.09
「労働」→「喜働」

『労』の字には、『つかれる』『くるしみ』『ほねおり』という意味がある。

我らはこれを、『喜働』とおきかえる。進んで喜んで何も求めるところなく働く時は、

体に疲労なく、しかも異常によい結果を収めることは、私どもが常に体験するところである。

丸山敏雄著『人類の朝光』より

誰もが、好きな物事に集中している時には、時間が過ぎるのを忘れ、

疲労感もなかったって感じるときありますよね。

心のあり方は物事を効率よく進める上での潤滑油のようなものですね。

喜んで働く

↓↓

気持ちの持ち方と取り組んでいる事柄の成否

今日は普段よりも一息強く「喜んで」と意識して仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか?




お金
2012.02.08
分かりやすかったので引用させていただきます。

**************************************************

お金の印刷機

今ね

日本の円がどんどん上がってるんだよね

「日本にそれに見合う実力はあるんですか」って言ったら

震災後

実力は下がってる

それなのに

円が上がっちゃうんだよ

これは簡単な仕組みなんだけど

アメリカドルとかユーロは

印刷機をバンバン回してお金を刷っているから

お金の値打ちが下がる

ところが

日本の政府には

「お金を余分に刷ったらインフレが起きちゃうから

作ったらいけない」

っていう観念があるんだよ

だけど

よその国がじゃんじゃん印刷機を回してるときに

日本だけ回さなかったら

日本は実力がないのに

円だけ上がっちゃう

だから

印刷機をちょっと余分に

10兆円ばかし回しちゃえばいいだけの話なんです

ところが

それを政府ができますかって言ったら

まずできない

東北のほうでお金がたくさんいるんだよ

印刷機を回せばいいんだよね

そうするとインフレになる

円もたちまち安くなる

余分に印刷機を回したっていう噂が出ただけで

円が安くなる

そうしたら

もっと輸出ができるんです

簡単に言うと

経済って

世界じゅうがそんなことしたら大変なことになっちゃうけど

ユーロが印刷機回して

ドルが印刷機回してるときに

日本だけ回さなかったら

バランスが崩れちゃうんです

原因がわかってる人は

対策を打てるから

別に困りません

円の問題だ

ドルの問題だってなんですか

って言ったときに

向こうは印刷機回してる

ドルは回しすぎたんです

ユーロも今つぶれそうな国が出てるから助けないといけない

だからお金を作ってる

世界の投資家は

印刷機を回してやたらお金を作ってるところのお金よりも

作ってないところのお金を買うんです

日本人は

「なんで日本はこんなに不景気なのに

みんな円ばっかり買うんですか」

って言うけど

それは日本が余分に印刷機を回してないから

そうすると

この国はものすごい貧乏国になる

あたりまえなんです

なんでかって言うと

これだけ狭い国にこれだけ人がいて

なおかつ

お年寄りがこれだけいて

どんどん増える

年金を払っていかなきゃいけない

考えてみたら

どうなるかわかりますよね



円がこれだけ高くなったら

海外へ出ていくしかないんです

企業は

だから

もう一段階

これからさらに不況が来ますよ

先手先手でいろんなことをしてたら別になんにも困りません

競馬とか競艇と同じで

当たりがわかってれば

それを買えばいいんですから

これからは外れが多くなるんです

そういう時代に当たればどうなるかっていうと

当たった人の配当が多くなるんです

声を大にして言いたいのは

そういう時代に

苦しむのはばかばかしいですよ

この国は資源がない

今までは働くことだったんです

だけど働くことでは

中国やインドにかなわないところがある

人数が違うんです

そのうえに

低賃金で働く人が

ベトナムとかにいっぱいいるんです

私たちはこれから知恵の国

要するに

世界で一番頭のいい国ですよってことにならないと

こんな狭い国にこれだけの人がいて

これだけの人間が食べていけないよ

って

その中で

日本人が今

苦手なのは経済なんですよ

今のドルやユーロの話すら

ほとんどの人は知らないんだよね

テレビでドルが値打ちがなくなったとか

ユーロが値打ちがなくなったとか言うけど

なんで値打ちがなくなったかを発表しないんです

それで

日本人の頭の中には

お札を余分に刷っちゃいけないっていうのが刷り込まれてる

確かにほんとうは

余分に刷ったらよくないんです

でも

でかい国が2つも

じゃんじゃん刷ってるんです

鉄砲ってのは

撃っちゃいけないんですよ

でも

鉄砲持ってる強盗だとか出てきたら

おまわりさんだって

鉄砲撃つしかないんですよ

鉄砲を撃っていいんですかって言ったら

ほんとうは撃たないほうがいいの

だけど

非常事態なんですよ



非常事態なんです

非常事態に

非常事態じゃない対応を取ろうとしているんです

この国は

非常事態ってことに気がついてないんです

だから

さらに

すごいよ

これからもう一波

すごい不況がくるからね

もう少ししたら

就職できない

なにができないっていうのが

テレビで始まるから

見ていてください

景気っていうのは

気なんです

気って気持ちなんだよね

元気も気なんだよ

気持ちを沈ませるような報道を出すと

視聴率が稼げるんです

ところが

それをやるとどうなるかっていうと

この国自体がダメになってくるんですよ

貿易収支で毎年

黒字を続けてるってことは

日本はバブルの時よりお金があるんですよ

お金がたまってるんです

ところが

お金が動かない

動けばいいんだけど

動くような報道は一切しないで

気が沈むようなことばっかりをマスコミが流すと

視聴率を稼げるんだよね

その悪循環に陥っちゃってるんです

日本人はこまねずみのように働くしかなかった

それでうまくいってたんです

ところが

中国とかベトナムが出てきたとき

得意技が通らなくなった

だから

今から私たちは頭を転換して

この国は知恵でいかない限り生き残れないんだよね

じゃないと

これからお年寄りを養っていけないんだよ

これから否でも応でも不況の時代が来るんだ

だからそういう時代が来ても

みんな笑って

「なんのことない

こんなの折り込み済みだから」って

織り込み済みなんだ

これからそういう世の中が来るから

来ても平気なように

自分のところの会社をしておくといいよ

先が読めればいいだけなんだから

「まさかこんなのが来るとは思わなかった」とか

言わないほうがいいよ

確実に来るって言ってるんだから

来るよ

来ても笑っていられるように備えをしておくしかない

これから冬が来るって言ってるのと同じだから

来るの

今から長袖を用意しておかないといけませんよっていうことです



普通の人が

「なにをするべきなんですか」

って言ったときに

今はお金が大事な時代なんです

だから

借金しちゃいけない

借金しないでお金をためる

今ね

前は銀行が10億円担保取ってた土地を

「1億円で買ってくれ」

とかっていう話になってるんです

昔は

土地を持ってる人の天下だった

今はお金を持ってる人なんです

お金の値打ちが上がっていく時代なんです

だからいろんな形でね

政府もお金を使わせようとします

今は投資の時代ですよとかいろんな話がくると思います

ひっかかっちゃダメだよ

一番もうかるのはそのお金の値打ちが上がってくるってことなんです

だから借金をするのはやめてお金を大事にする

これ

覚えておいてください

斎藤一人著 仕事はおもしろい マキノ出版より 

**************************************************

みなさんは、どぅお考えですか??



言葉につまる
2012.02.06
残念なことに大分県で2歳女児が行方不明だった事件、

死体遺棄容疑で母親が捕まった。

こんな凄惨なニュースに触れるたびに胸を痛める。

子供への愛情なんか、嫌でも芽生えるはずじゃないの?

腹痛めて産んだ我が子やろが・・・

物事にはそれぞれ事情がある。

しかしどんな事情とてこんな結末は受け付けてはならない。

犬、猫より・・・

いや蜂や蟻でさえ、身体を張って幼虫や卵を守る。




請求書
2012.02.05
請求書①
月初、

「ポストに入りきらないんで、お願いしま~す」

と、笑顔の郵便局員さん。

「じゃ~、持って帰ってもらって結構ですよ」

と、笑顔に答えるボク。

恋文でも混じっていればいいのにね。。。




下地工事
2012.02.03
下地工事① 下地工事②
千種区N様邸マンションリノベーション工事です。

順調で~す(*^^)v



新入社員紹介
2012.02.02
新入社員紹介①
今週より新しいスタッフが加わりました!

山下真一君、23歳です(*^_^*)

皆さん、よろしくお願いします!

建築の専門学校を卒業後、2年間某工務店で修業を積み、

今回、縁あって弊社に入社が決まりました。

~お客様、協力業者様~

初めは慣れない環境の中で、戸惑いも含め失敗も多々あるかと思いますが、

どうか温かい目で見守ってやってください。

そして、私も含め、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

~山下君~

HCホームズでの志事を通じて、私からの願いです。

・お客様に「ありがとう」と言っていただくこと

・お客様や、まわりの人に認められていること

・楽しく仕事ができ充実感を実感できること

・主体的に行動し成長を実感できること

・会社に貢献しているという実感があること

・情熱と誇りを持って働くこと

・家族に頼りにされていること

以上

これらを常に感じられるように共に成長していきましょうね(*^_^*)




過去の記事一覧
2012.02.28
『忙しい人』=ボク・・・。
2012.02.28
抽象的すぎ?
2012.02.27
ボクの一日
2012.02.27
快晴です♪
2012.02.26
やっぱ、これっしょ!
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.