HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
事務所新装工事
2011.02.28
事務所新装工事① 事務所新装工事② 事務所新装工事③
S商事、事務所新装工事が完了しました。

もともとは住宅として利用されていましたが、既存の事務所が手狭ということもあり

今回、事務所拡張工事のご発注をいただきました。

終わってみれば、ほぼ全面改装。雰囲気もかなり変わりました。

S商事の皆さま。このたびはいろいろとお世話になりありがとうございました。感謝。




いい日
2011.02.28
2月28日、久しぶりの雨。

今日もいい日になるのかな。

いい日。

そう数えられる日は一年に、もしくは一生に何度あるのだろう。

ただその一日を過ごしたいために。

その一日に偶然でも出会いたいために沢山の日を糧にできる。

そんな日々を過ごしたい。

今日はどんな日になるんだろ



何気なメールに何気に返信
2011.02.25
はじめてです。

1日2回のブログアップ。

何気なメールに何気に返信。

**********************************************************************************

友人と話そう

友人とたくさん話そう。いろんなことを話そう。それはたんなるお喋りではない。

自分の話したことは、自分が信じたいと思っている具体的な事柄なのだ。

腹を割って友人と話すことで、自分が何をどう考えているかがはっきりと見えてくる。

また、その人を自分の友人とすることは、自分がその友人の中に尊敬すべきもの、

人間としてのなんらかの憧れを抱いているということだ。

それゆえ、友人を持ち、互いに話し合い、互いに尊敬していくのは、

人間が高まるうえでとてもたいせつなことだと言える。

ニーチェ 「ツァラトゥストラはかく語りき」

*********************************************************************************

お互いさまですよ。

僕の方こそ、また相談にのってくださいまし。




頭ごなしの、
2011.02.25
頭ごなしの批判。

自分のことが気に入らないだけなのか・・・

頭ごなしの否定。

ただの嫉妬か・・・

頭ごなしの説教。

ここまできたら・・・発狂する。

どっちにしろ、頭ごなしでは人のココロを動かせない。

どうすれば・・・

認めた上でアドバイスをするべきか。

否定を述べた上でアドバイスをするべきか。

そこに答えがあるのか。

そもそも、その答えは正解なのか。

****************************

頭ごなしなんかゼッタイに嫌。

言うほうも言われるほうも。

たとえマチガっていたとしても

認め合いの中で成長したい。

それが一番の近道だと

ボクは、考える。

**************************

ある冊子より。




GOOで家~
2011.02.24
皆さんは中古車雑誌でも有名な「GOO」をご存知ですか?

その、母体会社でもある株式会社プロトコーポレーションが新規事業として

このたび「グーホーム」を立上げました。

昨年の夏、責任者の梶原さんとの面談をより半年。

厳しい掲載条件をクリアし、先日ようやくサイトオープンしました!

是非一度、下記よりアクセス頂きサイトをご覧ください。

↓↓

注文住宅検索サイト グーホーム

http://goohome.jp/

弊社紹介一覧

http://goohome.jp/nagoya/bd001010



祝!OPEN!
2011.02.23
祝!OPEN!① 祝!OPEN!② 祝!OPEN!③
弊社、デザイン設計施工の洋食ダイニング「ルーディコ」が昨日OPENしました!

中川様、スタッフの皆さま、おめでとうございます(ノ〃^▽^〃)

心よりお祝い申し上げます。

お祝いのお花がたっくさん出ていましたね!

弊社と協力業者一同のスタンド花もメインの場所に並べてありましたよ~。

協力してくださった皆様に感謝です。ありがとうございます。

昨日、早速食事に出かけてきました。

9時過ぎにもかかわらずたくさんの人で賑っていましたね~

幸先、絶好調!!

安堵感からでしょうか、若干の涙目。

最高に気分のイイ一晩でした。

皆さまも、ぜひぜひぜひ、お立ち寄りくださいませ。

洋食ダイニング「ルーディコ」

〒470-0113

愛知県日進市栄4丁目301

0561-73-2312

営業時間(2月)  11:00~15:00 17:00~22:00

      (3月~) 11:00~22:00

HCブログ特典

↓↓

チェックの際「HCホームズの友達です」とお伝え下さい。

3月末まで10%引きになります。

HCホームズに係る皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。




これぞ・・・
2011.02.22
これぞ・・・① これぞ・・・② これぞ・・・③
日進市、H様邸リノベーション工事が完了しました!

既設のLDKは北側に面しており、昼間でも薄暗く寒~い感じだったのですが、

南側の和室を繋げることにより明るいLDKとなりました。

その広さ、なんと32畳!

「これぞ、リノベーション!!」って感じですかねヾ(´▽`*;)ゝ"

またひとつ、幸せづくりのお手伝いができました。感謝です。

H様、弊社にて工事のご発注本当にありがとうございます!

今後共、一生のお付合いを何卒よろしくお願い申し上げます。




いのちの「ね」
2011.02.21
日本ほど、ものに恵まれている国は珍しいのではないでしょうか。

しかし、食料自給率は40%前後と、先進国で最低の数値なんです。

改めて、食事に対応する考え方を見直していかなくてはなりませんね。

現在、世界の人口は約68億人ですが、全世界の耕作可能面積でお米を栽培すれば

約200億人は食べていくことができるそうです。

しかも、数ある食物の中でお米は、栄養の面でも優れた食品です。

我が国の主食はお米です。古来日本人は、お米を大事にしてきた民族です。秋田民謡の中で、「88回の手間ひまがかかる」

と歌われているように、一粒ひとつぶをいつくしむように作られてきたのがお米です。

「こらっ!目がつぶれるぞっ!」な~んて、

子供のころ、お茶碗にご飯つぶをつけたままごちそうさますると、よく母親に怒られたもんです。

お米は稲で、「いね」は「いのちのね」という意味なんです!

お米こそいのちのもとと言えるのではないでしょうか。

 

食事の際、目の前のご飯に向かい、自然の恵みと育ててくれた人々に

感謝の心を持って食していきたいものですね。




レセプション
2011.02.20
レセプション① レセプション② レセプション③
一昨日、22日OPENの「ルーディコ」にてレセプションに参加してきました!

オーナー様ご家族ご友人が20名ほどでワイワイガヤガヤ。

楽しい時間を過ごさせていただきました。

料理も美味しかったです。

これで準備は完了ですね!

後はOPENを待つのみ!!

写真左は新品のエスプレッソマシーン(写真右)で煎れた文字入りカプチーノです。

おいしかった~(≧∇≦)




講演会のご案内
2011.02.18
講演会のご案内①
それにしても、すごい売れ行きでしたね~。

「もしドラ」

いつの間にか200万部を越えるベストセラーになっていたなんて・・・

皆さんは、読まれました?

マネジメントやマーケティング。一見すると難しい言葉ですが、

そのてん、この本はかなり分かり易く書いてあるのではないでしょうか。

一度読んでみる価値ありですよ!

さて、今回案内させて頂く講演会は、その本の著者でもある作家 岩崎夏海氏

を迎えての講演会となっております。

私は所用で、いけませんが時間のある方は是非!

かなりレアで貴重な講演会だと思いますよ。

しかも、入場無料!

これは、行くしかないっしょ!



なんじゃそりゃ~!
2011.02.17
地球温暖化、エルニーニョ現象、各地異常気象、今年の冬は異常に寒い気がします。

ほぼ毎朝の出勤時間に自転車ですれ違う女子高生がいる。

寒さで真っ赤になった顔をマフラーでぐるりと覆い、颯爽と私の横を駆け抜けていく。

短いスカートから伸びたマッチ棒のような細い足が、可哀想なぐらいに映ります。

しかし、これが本来の姿なのではないかと私は思ふ。

最近これまたよく見かけるのが、紺の制服プリーツスカートの中に恐らくは体操服であろう長いジャージパンツを平気で穿いているのだ。

なんだそりゃ~!

本人が想像しているよりヒドイ姿じゃないだろうか。

上半身は普通の制服姿のままなので、うっかり脱ぎ忘れて家を出たような違和感を覚える。

ブルセラに特別な興味はなくても何故かその姿にはゲッソリする。

重ねて断っておくが、

「女子高生の太ももが見えないじゃないか!」 

というスケベチックなオヤジ的感覚で言っているのでは、今回は無い。

 

自転車で時速20Kmそこらでも、素足をまともに寒風にさらしていると

体感温度は更に下がるので、確かに体の芯から冷えて当然である。

スカート オンザ ジャージの独特の風体が、防寒対策の為の重ね穿きということは

十分すぎるほど理解できているのだが、この最悪センスのコンビネーションが

単純にルックス的に私には堪えられないのだ。

今朝もまた、モーレツなスピードで自転車のペダルを漕ぎ続ける女子高生を見た。

この子だけは、あんな姿で登校しないでほしいと願いたい。



ハガキで「ごめんなさい」
2011.02.16
皆さんは、謝るタイミングをつい、言いのがしてしまい「しまったぁ!」

なんて時間がたってから思い出すことありませんか?

そんなとき、↓↓こんなのはどうでしょう??

高知県南国市後免町では「ごめん」という町名を活かし「まちづくり委員会」が主催している

「ハガキでごめんなさい全国コンクール」なんてのがあって

言いそびれてしまった「おわび」の気持ちをつづったハガキを募るものらしいのですが・・・

どうですかね~

ハガキで「ごめんなさい」かぁ。おもしろいですね~。

そりゃ口で素直に言えりゃそれが一番いいんやろけど、これはこれでいいかもしれませんね!

言いにくい言葉はなかなか口にしづらいものですから。

「本当は誤りたいけれど、素直に口に出せない・・・」

なぁんて。

皆さん、どですか??

伝えきれなかった言葉、時間が経過し蟠りになっている心情を

あえてハガキに書き、伝えてみてはいかがでしょう??




いよいよOPEN!!
2011.02.15
いよいよOPEN!!① いよいよOPEN!!② いよいよOPEN!!③
ブログにて工事経過を報告させていただいてます、レストラン店舗新装工事ですが

工事もほぼ完了し、あとはOPENを待つばかりとなりました!!

OPENは2/22(火)です。

前回もお話したように、弊社ブログ訪問者さまのみの特典もご用意してあります(=^_^=)

皆さん、ご予約の準備よろしくお願いします!?




復活!
2011.02.14
健康でいられることがどれだけ素晴らしいことか骨身にしみた、今日このごろです。

インフルエンザの病より、やっと復活です!

こうして、改めて健康で健全な一日を過ごしてみると

普段いろんな欲望を抱えている自分に腹が立ったりもします。

そう考えたら、

「健康であることに感謝」する意味も含めて、半年に一回くらいは

風邪をひくのも私にはちょうどいいかもしれませんね(; ̄д ̄)

って、もぅ寝込むのはイャ!!




ご心配おかけしてます
2011.02.13
今年のインフルエンザは治りが遅いようで・・・

ご迷惑とご心配をおかけしています。

申し訳ございません。

普段より健康でいられることに感謝ですよ。本当に。



またまた、
2011.02.10
流行りもの好きのホソカワです。

またまた、やってしまいました。

インフルエンザB型

つらいっす・・・。

今日、明日くらい、連絡つきにくいかもしれません。すみません。



固定費が・・・
2011.02.09
固定費が・・・① 固定費が・・・②
事務所のFAX複合機取替えました~!

以前は、知り合いより、リースアップした複合機を頂いて使用していましたが、

最近になって紙づまりがひどくなり、修理に依頼したところ、

「買い替えの時期ですよ」

と一言で抹殺され、買い替えの決断をしました。

機種はムラテックC3400。(A3までのカラー複合機)

買取ですと50~60万円ほど。

今の時期にこの出費は痛い・・・(-_-)

(まぁ、月々の経費になるし保守も7年付いてるしetc・・・)

と悩んだ末に結局リースにしました。

カウンター式、紙代のみ別途で、

モノクロ: 3円/枚

カラー :20円/枚

リース代金11,000/月です。

高いのかな?安いのかな?

ムラテック(メーカー)直のリース契約なので、安いほうかな??

と、相見積りもしないまま契約しちゃいました。

というより、営業担当の太田さんの感じがよく丁寧な対応だったので、

金額よりも、その人柄が決定打だったかな!?

太田さん、ありがとぅございました。

今後も末長いお付合いをよろしくね!

今日からお客さまとFAXでのご迷惑もおかけしなくてすみますし、

紙詰まりのイライラも解消されます!

が、

毎月の固定費が・・・(⌒_⌒;



いい感じに
2011.02.08
いい感じに① いい感じに②
日進市、洋食レストラン「ルーディコ」の工事状況です。

本日より内装工事に取り掛かりました。

完成まで後少し。

がんばるじょ~オ~!!

写真②

アールのカウンターがかなりいい感じです♪



疲労感満天
2011.02.07
おそがけのブログ更新です。

昨日は、お世話になっている方と夜遅くまで呑んでいました。

以前(20代の頃)は夜更かししても、なんてことありませんでしたが、

最近では疲労感をおぼえるようになりました。

免疫低下です・・・

インフルエンザかなり流行ってるみたいですよ。

気をつけましょうね!

手洗い、うがい、しっかりと!!




何度も
2011.02.06
何度も①
何度もお知らせしますが、おすすめ本です。

「致知」

時間があるときに優先的に読んでいます。

読む前と読んだ後では世界観がまったく違うように感じます。

浮ついた現実から引きもどされます。

自分にない知恵を与えてくれます。

etc・・・

皆さんも是非




タモリに共感
2011.02.05
「最近、連絡ないなぁ」

事務処理の途中、ふと、友人の顔を思い出す・・・

書きかけのブログを消して、今日はこのネタで。

「本当に仲のいい友人って、連絡しなくても繋がってるんだよね~」

「一緒に呑んでいても、一言も喋んないこともあったりして」

何年も前の「笑っていいとも」だったかな!?

かなりうる覚えなのですが、タモリ氏がこんなことを言っていたのを思い出した。

理由もハッキリしないまま、なぜだか共感した思いだけ残っている。

33歳の今、僕はこう解釈する。

友人として、既に信頼し合っているのならば、親密な感じに頼らなくてもいいのではないか。

もっと言えば、

いかにも親密な態度を示したり、また、それを得ようとしたり、

必要以上の行動は、相手の信頼を得ているかどうかに不安を感じているからではないか。

そっけない付き合いの奥底に、深い付合いがあるのではないかと。

まったくもって、自分勝手な解釈です

でも、少なくてもタモリ氏は共感してくれるに違いない。




ホーム練習場
2011.02.04
ホーム練習場① ホーム練習場②
暖かい日が続く今日このごろ。

こんな日は、ゴルフがしたくなります。

事務処理の途中、気分転換にまづは一振り。

トップ気味の球に納得いかず、もう一振り。

今度はダフる・・・

 

ホーム練習場とは、弊社駐車場の一角。

アプローチの練習しかできないと思いきや意外にも5番アイアンまでは満振りできる。

今日も、気分転換にまづは一振り。

「カツン、ドフッ、カツン、ドフッ」

成長しないっすわ・・・




ものは考えよう
2011.02.02
「神様・仏様・稲尾様」

皆さんはこのフレーズを聞いたことがありますか?

プロ野球に興味のない方は知らないと思いますが、西鉄ライオンズ時代「鉄腕」

「神様・仏様・稲尾様」と呼ばれた伝説の名投手・稲尾和久氏の新人時代のお話を紹介します。

********************************************************************************

高校時代、稲尾氏が球団からスカウトされた時の契約金は50万円。月給が3万5000円。

当時の高卒の初任給がだいたい6000円でしたから、約6倍です。稲尾氏は言います。

『でも、キャンプに入ってみるとバッティングピッチャーです。

 一週間ぐらいたって、頭に来ましたね。

 何で俺は毎日毎日バッティングピッチャーばっかりなんだ、と。

 当時、強打者の豊田泰光さんなんか「おい、練習機」と言って名前も覚えてくれない。

 誰も私のことなんか眼中にないわけですよ。

 しかし、ここで練習できることはないだろうかと考えたんです。

 そうしたら、ある。コントロールの練習ができると思った。

 バッターというのは贅沢なもので、2球もボールが続くと「ストライク投げてこんかい」

 と怒る。ところが5球もストライクだと「バカたれ、たまにはボールを投げろ」と言う。

 なんでかというと、「打ち疲れるじゃねぇか」というわけです。

 一番喜ばれるパターンは、3ストライク、1つボールなんです。

 つまり、4球に1球、俺の練習ができる。真ん中に3球投げたら、1球はアウトコース低め。

 次の3球の後はインコース低め。次はアウトコース高めで、その次はインコース高め。

 1時間に480球投げて、そのうちの4分の1だから、120球、コントロールの

 練習ができるということに気がついたんです。

 しかも当時の強打者相手にできるんですから、こんな贅沢はない』

************************************************************************************

まさに、ものは考えよう・・・

どんな時代、どんな環境でも学ぶことがあります。

どんな環境でも「今何ができるか」を常に考え行動することが大切ですね。




勇気って・・・
2011.02.01
「私に勇気があるって言ってくれるの?」

 

と彼女はたずねた。

       

「ええ」

「それはきっと、勇気とは何かを教えてくれた人たちがいたからだわ」

というと、彼女は次の話をしてくれた。

何年か前に、スタンフォード大学病院でボランティアとして働いていた時の話よ。

ライザっていう女の子はほとんど回復の見込みがない難病にかかっていたわ。

彼女が助かるためのたった一つの方法は、5歳の弟に血を分けてもらうことだったの。

実はその弟も同じ病気にかかったけど、奇跡的に助かったものだから免疫ができていたのね。

そこでドクターは、ライザの小さな弟にこのことを説明して、おねえさんに血を分けてあげられるかって聞いたの。

弟は、ほんの数秒迷っていたけど、大きく息を吸い込むと言ったわ。

「うん、いいよ。ぼくの血で、おねえちゃんが助かるんだもん」

輸血は順調に進み、ライザの頬はだんだんピンク色に染まってきたわ。

横に寝ていた弟は、それを見てにっこり笑ったの。

私たちもつられて笑ったわ。

ところがしばらくすると、弟の顔が青ざめ微笑みも消えてしまった。

そして、ドクターに

「ぼくはもうすぐ死ぬの?」

と震える声で聞くの。

まだ幼くて、ドクターの説明がよく理解できていなかったのね。

おねえさんを助けるためには、自分の血を一滴残らずあげなければならないと思い込んでいたんだわ。

「そうなんだわ。勇気ってどんなものなのか、私にはきっとわかっている」

彼女はさらに言葉を続けた。

「でも、それは、『勇気って何か』 を教えてくれた人たちがいたからなんだわ」

ダン・ミルマン

********************************************************************************

「本当の勇気」ってなによ。

33歳の不純な勇気 く 5歳の純粋な勇気

考えすぎなのか・・・

 




過去の記事一覧
2011.02.28
いい日
2011.02.25
何気なメールに何気に返信
2011.02.25
頭ごなしの、
2011.02.24
GOOで家~
2011.02.23
祝!OPEN!
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.