HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
レッツBBQ!!
2010.04.30
みなさん、GWの予定は入っていますか?

GWの天候は晴れが続くようなので、ご家族揃って野外レジャーなんてどうでしょう。

今日は準備から片付けまで、「これなら簡単!バーベキュー」を紹介しちゃいます!

大自然の中で行うBBQは、肉や野菜料理のワイルドな醍醐味だけでなく、お子さんにとっては準備や調理を通して食育を学ぶ絶好の機会ですね。

とはいえ、道具の用意や食材の調達など、事前準備が大変という方も多いのでは? 楽しくラクなBBQにはコツがあります。まず大切なのは場所で、やはり水道や調理施設がある方が便利です。道具は何でもかんでも揃えようとするとキリがないのも事実。BBQができる施設では道具をレンタルできるところもありますので、最初はこういう場所を利用するのも一つだと思います。

調理器具も使い回しがおすすめです。アルミホイルは鍋代わりに使えますし、ウェットティッシュは手を拭くだけでなく、食器の汚れ落としにも大活躍。環境への負荷を減らすことにもつながりますよね。

準備としては、前日からお肉に下味をつけたり野菜を串に差す、などひと手間かけると、現地に行ってからの作業がぐんと楽になります。最近はBBQのケータリングもあり、セッティングや火おこし、片付けまですべてセットにして現地まで宅配してくれるので、思いついたら手ぶらで楽しむことも可能です。

さて、肉や野菜を焼いたあとは締めに焼きそばと、メニューがマンネリ化していませんか? ということでとっておきの一品をご紹介しましょう。それは、マシュマロを火であぶるだけというびっくりデザート。見た目も新鮮なスイーツです。バナナでもできるのでお試しあれ。青空の下、家族や気のあった仲間とともにBBQパーティーを楽しみましょう!

※参考

日本バーベキュー協会 http://jbbqa.org/

北海道BBQビレッジ http://www.hbbqc.com/

バーベキュー・BBQ宅配「バーベ急便」 http://www.bbqbin.jp/

いまさら聞けない「バーベキュー」超入門 http://www.sinseiplan.com/




遮光カーテンの実力
2010.04.28
突然ですが、カーテンの衣替え、していますか? カーテンとは窓辺に布などを吊るして外部からの目隠しをするもの。それだけでなく夏は冷房効率を良くし、涼しげな色使いや素材はインテリアのアクセントにもなります。

昼の時間が長くなるこれからの季節、寝室や日当たりの良すぎる部屋におすすめなのが「遮光カーテン」。その名のとおり、光を遮る機能がついたカーテンです。外から光が射し込むのを防ぐのはよく知られていますが、室内の光も外に漏らさないことが知られるようになってからは、防犯やプライバシー保護という観点でも注目されるようになりました。例えば夜帰宅して部屋の照明をつけることで、どの部屋に住んでいるのかが外部からわかってしまう不安や、カーテンごしに中の人が何をしているのか知られてしまう心配、そういったことが遮光カーテンで解決できるのです。また、仕事などで日中部屋を留守にしても遮光カーテンを閉じておくことで室内の温度上昇を緩和し、帰宅してからのエアコン代の節約にもなります。

さらに暑さで眠りが浅くなるこれからの季節は、光を上手にコントロールすることが快眠へのカギになります。わたしたちヒトが体内に持っている「1日」の単位は25時間なのに対し、地球が刻む「1日」は24時間です。この1時間差を調整しているのが体内時計。この時計は、太陽の光を浴びた時に体が目覚め、時間のズレを修正するようにプログラムされているそうです。寝室が東や南向きだと早朝から日の光を浴び、体が覚醒して寝不足を招く原因になるため、遮光カーテンなどを活用するのがよいとされているのです。

 

遮光カーテンには、カーテンをぴたっと閉じた状態で真っ暗になる遮光1級から、人の表情はわかるが作業には向かない暗さの3級までの等級があります。日当たりや部屋の用途、方角にあわせて使いわけるとよいでしょう。

生活を守り、健康にもひと役買ってくれる上に省エネにもなる遮光カーテン。夏の模様替えシーズンに、検討してみてはいかがですか?




自分が悪い
2010.04.27
日本画壇を代表する平山郁夫画伯は「今こそ教育が大切である」と次のように語ります。

「日本人は昔から寛容で、いろいろなものを取り入れる民族性がある。教育とは知識を詰め込むだけではダメです。人間性や精神性、いたわりや感謝する気持ちなどの、人間としてバランスのある感情を育てていかないといけない」

今の日本を評し「自分の努力が足らない。怠けているのをさておいて、親が悪い、教師が悪い、社会が悪いと、責任を押しつけてばかりいる。己を顧みることを忘れている」と言い、小さい頃からの躾が非常に大切であると主張しています。

私たちも「いたわりや感謝する気持ち」を培い、均整のとれた感情を育みたいものです。

それには、平山画伯の言う「自分を顧みること」が不可欠です。

物事がうまくいかない原因を他に求めているうちは、人間として進歩は得られません。

順調さを欠き、一定の流れが停滞した時ほど、冷静な頭で自らの言動を顧みることを意識してみてはどうでしょうか。

     

自分自身を冷静に顧みることを心がけたいものですね。




勉強会のご案内
2010.04.26
よろしければ一緒に参加しませんか?

経営者、経営幹部、将来の骨格を成す皆様に大きな学びがあると思います。

>>>>>>>>>

5月例会のご案内 (京都訪問例会)

 

「学びあい活動」を基本に永続企業への挑戦!

当たり前のことを桁外れの情熱を持ってやる!

~創造は成功のもと~

訪問先 京都市木津川 松下幸之助資料館

 

<趣旨・目的>

5月例会では、愛知を離れ1日学びの日として「経営の神様 松下幸之助資料館」を訪問します。

大変厳しい経済状況の中、今一度、自分自身の経営を振り返り、「不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、やりかた一つでどうにでもなるものだ。」と

名言を残された松下幸之助氏に学び、未だ先の光明の見えない不況下で、いかに自社を発展させる事が出来るかを一緒に考えます。

 

本例会は貸切バスを利用した1日例会です、

「松下資料館」においては、基調講演を始め豊富な資料と映像で、経営の神様とも呼ばれた松下幸之助氏の足跡や企業経営にかけた情熱を身近に感じ学んで頂きます。

また、行き帰りのバスの中では、「企業変革プログラム」を実施、今の皆さんの会社の健康状態が簡単に見つけられ、明日からの経営にも役立つ企画も用意しています。

ゲスト、オブザーバーの参加、大いに歓迎です。

坂本竜馬で話題の幕末維新ミュージアム(霊山歴史館)にも立ち寄ります。

                    

◆日 時:平成22年5月15日(土)

◆集 合:AM6:30 (19:00 帰着予定)金山総合駅北口 ダイエー金山店前

◆訪問先住所:京都府木津川市相楽台3-1-1ハイタッチリサーチパーク東ブロック内

◆TEL:0774-72-7776

◆参加費:(会員・オブザーバー)10,000 円 (ゲスト)7,000円  

※当日キャンセルの方は会費を徴収させていただきます

※5月8日( 土 )までに株式会社HCホームズの細川まで連絡ください。

(メールでもFAXでもOKです)

 

TEL=052(872)9807

FAX=052(872)9818

以下、例会作り担当者の下見の感想を添付します。

松下資料館、思っていたよりものすごく【学び】の多い所でした。正直、?今更、松下幸之助なんて・・?と勝手に思っていたところもありましたが、そんな自分勝手な間違いに気づき、恥じています。

松下幸之助の経営哲学は、学校などで教える机上の経営学とは全く違い、実際に実践された実践経営哲学です。言葉も平易で小難しくありませんから、非常に受け入れ易いです。そして、高度成長時代の松下電器だからあてはまったものではなく、その哲学は経営の普遍性を謳っているものでした。

気付き=ヒント、松下資料館には多くのヒントがありました。

きっと皆さんのこれからの会社経営に役立つと思いますし、今、会社の経営上悩んでいることがあったとしたら、その悩み解決のヒントがきっとあると思います。

今回下見に行った我々は非常にラッキーだったと思っています。それは、今回の下見で得たヒントの復習、再確認として再度松下資料館に行くことがができるからです。

たくさんの参加、お待ちしております。




呑みすぎ注意!
2010.04.25
呑みすぎ注意!① 呑みすぎ注意!② 呑みすぎ注意!③
日曜日の今日、いつもお世話になっている業者様にお誘い頂き、食事会に出かけてきました!

場所は、前回ブログにて紹介したことのある「磯丸水産」でした。

天気もよく、気分も最高潮!

やっぱりお昼からのビールは最高ですね(;≧∇≦)

6人でビール、酎ハイ合わせて40杯くらいは呑んだのではないでしょうか・・・

もう、足元はフラフラです(●´ω`●)

完全に酔っ払ってしまいました・・・。

二次会に参加できず、申し訳なかです。

これから私のことを「ヘタレ」とも呼んでください・・・。

楽しい一日をすごさせていただきました!

板倉さん、三輪さん、ありがとうございました!!

ちなみに二次会はどこへ・・・(-ι_- ) クックック




何気に・・
2010.04.22
何気に・・① 何気に・・②
事務所の前から何気に・・・撮影。

いつの写真だろ?

  

あぁ、晴れが恋しい・・・。



「ことたま」
2010.04.21
「ことたま」① 「ことたま」②
友人が経営してるお店に招待していただきました!

知り合ったのは昨年の年末で、その見た目とは裏腹に(笑)、

誠実かつ熱い想いを持っている方で、その時は知り合ったばかりにもかかわらず距離が一瞬にして近づいたようにも感じました。

店長は女性の方でこの料理がまたおぉいすぃ~んです♪

盛り付けかたもオシャレでセンスがうかがえます。

中でも「チャンジャのチーズ和え」なんかは僕的にドンピシャでしたね!

写真の野菜スティックですが・・・名前はなんだったかな?

温かいアンチョビのオイルソースをつけて食べるのですが、たまらなくおいしかったです。

お会いするのは年末より2回目で緊張感もありつつだったのでなかなか料理に集中できなかったのですが、次回はゆっくり食べに行きたいと思います。

日比さん、加賀さん、市川さん、そしてアッキーナ。

昨日はご馳走さまでした。ありがとぅございます\(○^ω^○)/

みなさんも是非!

Cafe&Bar「言魂」

住所:中川区服部4-506

TEL:052-485-6216



「オンとオフ」のバランス
2010.04.20
仕事に集中するのも大切だ。

でもその分、遊びをめいいっぱい楽しまないとバランスがたもてない。

あなたは「オンとオフ」のバランスはたもたれていますか?

仕事に集中しているほど遊びもけっこうパワフルなものなんですよね。

「遊び」って言うと軽い感じに聞こえがちですが、これがけっこう重要で・・・

仕事が暇なときって遊びもしてないんですよねぇ!

逆を言うと遊びを一生懸命していると、仕事も必然と忙しくなるような感じもします。

こんな捉え方はどうでしょう?

確立を求めていくのは仕事。

できる限り、99.999999% お客様や自分の期待にこたえていきたい。

できないときは、それは負け、敗北となる。

仕事にはストイックでいたい。

偶然を楽しむのが遊び。

タイミングが合う時、合う人と遊ぶ。

ここはこうでしょう、というとき、こうじゃないときにいかに笑えるか。

偶然を楽しみたいものです。

「オンとオフ」仕事と遊び。どっちがオン?

とにかく、めりはりのある人生を送りたいものです。




ただいまです!
2010.04.19
昨日、研修旅行より無事帰宅しました。

世界の広さ、文化の違い、そして自分のちっぽけさを感じさせる旅でもありました。

まだまだ勉強することは山ほどあります!

今回感じたことや、気づきを今後のブログにて少しづつ紹介していきたいと思います。




成長せざるを得ない
2010.04.14
成長せざるを得ない。

苦しくて、もがいて、闇の中にある光を探し続ける期間。

「一寸先は光」を信じて。

成長せざるを得ない。

蜜の味がする期間ともいえる。

「ハニーミルクなテイストの期間」を楽しもう。

もうすぐ夏がきますね。

春夏秋冬って各場所で頑張ることが違うから素敵だけど、

こんなにも季節の移り変わりの激しい日本にいたら、

自然とどんな国にも負けないような強さ、感性が生まれるような気がします。

明日より、お得意様、取引先様との研修旅行に行ってまいります。

弊社ブログは、18日(日)までお休みさせていただきます。




いただきもの
2010.04.13
いただきもの① いただきもの② いただきもの③
公私共に大変お世話になっている方より本のプレゼントをいただきました!

坂本光司著書

「日本でいちばん大切にしたい会社」の1、2巻の続編で、

「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」です。

1、2巻は読んだことがあるのですが、本の中に出てくる会社はすばらしい会社ばかりで、

「こんな会社にしたい」とか「こんな会社で働きたい」と必ず思うような本です。

機会があれば読んでみてください!

今を生きるすべての人々の、仕事への取組み姿勢や、心のもち方、生き方に、

なんらかの示唆を与えてくれるかもしれません。

本当に大切にしなければならないことがみえてきます。

弊社も、温かい経営、愛のある経営を目指し、

「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」

と言われるよう努力していきます。

水野社長、いつも本当にありがとうございます。感謝。




芋けんぴ
2010.04.12
芋けんぴ① 芋けんぴ②
お客様にいただきました。

老舗「覚王山 吉芋」の芋けんぴ。

「やめられない~とまらない~芋~けんぴっ♪」

こんなにおいしい芋けんぴは初めていただきました!

大脇様ありがとうございます (∩_∩)




天橋立
2010.04.11
天橋立① 天橋立② 天橋立③
今日は、お世話になっている方に誘って頂き、ある会の日帰り旅行に参加してきました。

目的地は、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋立』です。

陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景とされている特別名勝のひとつです。

幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂嘴(さし)でできた砂浜で、大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形で、その形が、天に舞う白い架け橋のように見えることから『天橋立』の名が付けられたそうです。

遠い古代を偲び「股のぞき」すると、一瞬目の錯覚により、天橋立が天につながっているように見えるとのことで「股のぞき」もしっかりやってきましたよ!

3枚目の写真が、「股のぞき」です。

私の股下から撮影したものですが・・・

何千年もの歳月をかけて自然がつくりだした神秘の造形はすばらしいものでした。




腕時計
2010.04.09
腕時計① 腕時計②
小木曽さん、僕もかなりレトロな腕時計を持っていますよ(o^-^o)

壊れていますが・・・

学生時代に親友のおじいちゃんから頂き、大のお気に入りで毎日はめていたせいか、5~6年前に壊れて動かなくなってしまいました。

当然、手巻き時計なのですが、リューズを回してもウンともスンともいいません。

でも、よっぽど好きだったせいか壊れていても嵌めていた覚えがあります。

しかも、ベルトも切れてしまいギターの弦を加工して無理やり繋げているというあり様です。

小木曽さんのブログを拝見し、そういえばと、引き出しから出してみました。

でも、やっぱり動かないんです。

できれば直してもう一度使いたいのですが、時計の修理屋さんを知りません。

だれか時計の修理屋さんを知りませんか?




あじさい
2010.04.08
あなたの好きな花はなんですか?

昨日、たまたまそんな話になりました。

私の好きな花は「あじさい」です。

なぜ好きになったのか・・・ってなんでだろ?

梅雨のどしゃ降りの雨の中、一生懸命咲いてる姿をみてると、心うたれます。

花言葉は、「移り気」「高慢」「無情」

決してよくはないんですよね。

でも、あじさいは咲き始めからだんだんと花の色を変えることから、移り気な花と呼ばれていろと思うのですが、これは心変わりからではなく、美しくなるための試行錯誤なのではないでしょうか・・・

「ひたむきな愛情」

やっぱり、あじさいが好きです。

もう一つ、好きになった理由があります。

スピッツの「あじさい通り」という歌です。

15年くらい前の曲ですが、私の好きな感じです。

一度、聴いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=Hxv8F67Tqv8&feature=related



怒られることとは
2010.04.07
最近、人に怒られたり注意されることが本当に少なくなりました。

あなたはどうですか?

まだまだ半人前なのにと思っていても、人から見れば一人前の大人なんですよね・・・

べつに、怒られたいわけではないのですが、それがないとそれはそれで淋しい気持ちにもなります。

それでも場合によっては、すねたり、逆ギレする人も見かけます。

でも、それやっちゃうと以後は見放され、誰もアドバイスをしてくれなくなるんですよね!

だれも、喧嘩を売ろうとして注意をする人はいませんからね。

関心がなければ黙っていればいいのであり、言葉をかけるのは相手に対して愛情があるからだと思うんです。

厳しい注意ほど、「自分を伸ばすチャンス」「私のことを思ってくれているからこそ」と捉え、

自身の成長の糧とする素直さを身につけたいものですね。

だれかぁ、僕のことも叱ってください!

「事務所の端っこで愛を叫ぶ」より

なんて・・・・・。



持たない世界
2010.04.06
いつの間にか、CDはもう持たない世界になりました。

今はCDのディスクをマスタ(マスター音源)と言うらしいです。

音は携帯やitunesに入っているものだ、という感覚。

そこにはモノはない。

デジタル社会が進んでゆく中、それに比例して不安感も強くなっていく今日このごろです。

最近の移動手段に電車をつかうことが多くなりました。

今は、地下鉄があるしバスもある。

駐車場も高いし、ガソリン代も高いし。

たしかに、車を持っていることで無駄につかっていることもあるかも。

かと言って、車は必要不可欠ですが・・・

ある制限内で工夫して満足を探すのも「持たない世界」の一つではないでしょうか。

制限を拡大する世界はもう時代遅れかもしれませんね。

捉え方をかえると、空間が膨らんでいくのではなく、空間の質量が増えていく感じ。

「家作り」=住むところ(住宅)を作るのではなく、

「家造り」=家族だんらん(幸せ)を造る。

持たない世界から少し脱線してしまいましたが、

このブログを書きながら、弊社の進むべき道を改めて再認識できました。




お花見
2010.04.05
お花見①
日曜日に友人にお誘い頂き、鶴舞公園でお花見をしてきました。

満開の桜にちょうちんの明かりが照らされて本当にキレイでしたよ!

寒い夜空の下、心暖まりました(*´ー`)




オーダー家具
2010.04.04
オーダー家具① オーダー家具② オーダー家具③
日曜日の今日、お客様と家具作りをしました。

ローテーブルに、ワイングラスを収納できる箱も作り、お客様も納得の出来栄えです!

完全なオーダー家具です。

みなさんも「こんな家具があったら」とかここのスペースに・・・って思うときないですか?

お作りいたしますよo(^-^)o

ただし条件が・・・

1.日曜大工限定で。(事前にご連絡(ご予約)ください)

2.材料代は自費で。(私の手間賃は要りません)材料は一緒に選定します。

3・お客様と一緒に作ることが前提(機械工具は私が担当します)

ラフ図(簡単な図面)があれば何でもお作りいたしますよ!

あなたも一緒に家具作りをしませんか?




水に浮かぶ幻想的な風景、蜃気楼
2010.04.02
蜃気楼(しんきろう)がニュースの話題になるのは4月から5月にかけての今頃。春のこの時期は、気温や風、天気など蜃気楼が出現する条件がそろっています。

実際の風景の、上または下に虚像が出現するのが蜃気楼。この不思議な現象は水面付近に冷たい空気、その上に暖かい空気がある時に光の屈折ができることで風景が変形する仕組みです。蜃気楼には3種類あり、実際の風景の上側に伸びたり反転している虚像が見えるのが「上位蜃気楼」、水面から船などが浮いて見えるのが「下位蜃気楼」。砂漠の蜃気楼もこのタイプです。「側方蜃気楼」は 元の物体の横側に幻の像が現れるまれな現象で、有明海の不知火もこの蜃気楼の一種と言われています。

蜃気楼は紀元前のインドで書物に記されており、古くから人々に認識されていた自然現象だといえます。また、いにしえの中国では「蜃」という生物によってつくりだされたものと考えられていました。日本では、1564年に魚津で上杉謙信が蜃気楼を見たという記録が残っています。

蜃気楼は、富山県の魚津や琵琶湖、北海道の小樽などが有名で、条件によって肉眼で見えることもありますが、双眼鏡があるとより楽しめるでしょう。神秘的な蜃気楼を求めて、レジャーを兼ねてお出かけしてみてはいかがですか?




今日も・・・
2010.04.01
今日も風邪ひきさん継続中です ゚.+:。クラ(@O@)クラ゚.+:。

ごめんくさい・・・。



過去の記事一覧
2010.04.28
遮光カーテンの実力
2010.04.27
自分が悪い
2010.04.26
勉強会のご案内
2010.04.25
呑みすぎ注意!
2010.04.22
何気に・・
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.