HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
真央ちゃんの涙に感動
2010.02.27
真央ちゃんの涙に感動①
バンクーバーオリンピックの注目種目!

女子フィギアスケートが昨日終わりましたね。

金メダル期待の浅田真央選手は惜しくも韓国のキムヨナ選手に破れ、銀メダルでしたが、入賞選手の中に4人もの日本人選手(アメリカ代表長洲未来選手も含む)が入っていることはとてもうれしいことです。

真央ちゃんの悔し涙に共感しながら、2014年ロシアソチオリンピックでの金メダルを目指してがんばってほしいですね!

応援してます!




心の姿勢
2010.02.25
小笠原流礼法宗家の小笠原敬承斎氏は、学校や企業でビジネスマナー研修を行なっています。

氏は、短い時間で相手に好印象を与え、好ましいコミュニケーションを育むためのポイントとして次の三点を挙げています。

一つは、身だしなみや姿勢です。身だしなみの基本として清潔感を保ち、姿勢を整えることを意識して肩の力を抜き、真っ直ぐに美しく立つようにします。

二つ日は、お辞儀などの基本動作です。感謝の気持ちをしっかりと伝えるために、体を戻すまで意識を保ち、相手に感謝と敬意が伝わるように心がけます。

三つ目は、言葉遣いです。「さようでございますか」を「なるほどですね」などと誤用せず、相手に合わせて美しく正しい敬語を使うことで、好印象を与えます。

挨拶や姿勢などの基本動作を身につけるには、普投から意識して取り組むことが肝要ですよね。

 

「心のこもった行動」を日頃から敬意あふれる姿勢で、人と接していきたいものです。




ボロボロになるまで
2010.02.24
将棋の第六十七期名人戦順位戦C級二組で、現役最年長棋士の有吉道夫九段(七十三歳)が高崎一生四段に勝ち、順位戦残留を決めました。

戦績と年齢の規定により、負ければ引退を余儀なくされる中で、有吉九段は、

「どこまで頑張り抜けるか、人体実験のつもりでボロボロになるまでやる」との

覚悟で現役にこだわりました。最後の対局となるかもしれない前夜には、妻に、

「明日は僕の葬式だから…」と涙を流したといいます。

背水の陣で臨んだ結果、有吉九段に勝利の女神が微笑みました。同九段は

「これまでで一番うれしい。また将棋が指せるから」という熱い思いを隠しませんでした。

私たちも、時として「ここが正念場」という状況に追い込まれることがあります。

そんな時こそ、強い気持ちを自身の内に秘めることが大切だと思います。       

   

気力が高まった時、必ず道が拓かれると信じ、心と体を充実させて、難局を乗り切っていきたいものです。




セールスパーソン必読!
2010.02.23
セールスパーソン必読!①
先日、知り合いに紹介していただいた本です。

普段よりビジネス書(セールス)的なものはあまり読まないのですが、薦められかたが尋常ではなかったので、気になってしまい購入してきました。

セールスの名著らしいですよ!

著者:フランク・ベトガー 「私はどうして販売外交に成功したか」

主な目次

・自分の仕事に情熱を持て

・すぐれた話術から自信が生れる

・自分で自分を監督せよ

・自己を動機づけよ

・質問の効果

・服装もたいせつな商売道具

・セールスマンが失敗する原因

・上手に面会するコツ

・顧客の部下を味方にするには?

・スポーツから学んだ教訓

・販売に成功する七つの原則

・失敗は成功のもと

早速、読んでみようと思います!




プロの条件
2010.02.22
「プロの条件」

職業のジャンルを問わない。仕事をすることによって報酬を得ている人は、そのことによって、すでにプロである。また、プロでなければならないはずである。

しかし、現実にはプロとしての仕事の仕方をしていない人が相当数いることも事実である。

「プロとアマの違いは何だろうか。」

1.自分で高い目標を立てられる人

自分なりにほどほどにやれればいい、この程度でいいだろうと、目標をできるだけ低く設定しようとするのがアマである。

プロは違う。プロは自分で高い目標を立て、その目標に責任を持って挑戦していこうとする意欲を持っている。

2.約束を守る

約束を守るというのは、成果を出すということである。自分に与えられた報酬にふさわしい成果をきっちりと出せる人、それがプロである。

成果を出せなくてもなんの痛痒も感じず、やれなかった弁解を繰り返してやり過ごそうとする者がいる。アマの典型である。

3.準備をする

プロは「絶対に成功する」という責任を自分に課している。絶対に成功するためには徹底して準備をする。

準備に準備を重ねる。自分を鍛えに鍛えるそうして勝負の場に臨むから、プロは成功するのである。

アマは準備らしい準備をほとんどせず、まあ、うまくいけば勝てるだろうと、安易な気持ちで勝負に臨む。

この差が勝敗の差となって表れてくるのである。

表現を変えれば、プロは寝てもさめても考えている人である。起きている時間だけではない、寝ても夢の中にまで出てくる。それがプロである。少しは考えるが、すぐに他のことに気をとられて忘れてしまうのがアマの通弊である。

第4は、

これこそプロとアマを分ける決定要因である。プロになるためには欠かせない絶対必要条件だといえる。

それは・・・

4.プロは

「進んで代償を支払おうという気持ちを持っている」

プロであるためには高い能力が不可欠である。その高い能力を獲得するためには、時間とお金と努力を惜しまない。犠牲をいとわない。代償を悔いない。それがプロである。

犠牲をけちり代償を渋り、自己投資を怠る人は絶対にプロになれないことは自明の理であろう。

最後に一流といわれるプロに共通した条件をあげる。

それは

「神は努力する者に必ず報いる、と心から信じている」ということである。

不平や不満はそれにふさわしい現実しか呼び寄せないことを知り、感謝と報恩の心で生きようとする、

それが“一流プロ”に共通した条件であることを付言しておきたい。

月刊誌「致知」より

私たちはこれらの条件を満たしているのでしょうか?

また、満たすべく努力をしているのでしょうか?




プロの感覚
2010.02.20
限りある時間の中で最近は、オリンピックのニュースに釘付けになっています。

「世界と戦う日本代表」見るたびに愛国心が湧いてきます!

いくつもの場面より特に感動したのはフィギュアスケートの織田信成選手。

「靴ひも、試合前から切れていた」

衝撃の一言でしたね・・・

演技中に靴ひもが切れるアクシデントで、演技を中断し、ひもを結び直して最後まで滑りきった姿には、観客席から惜しみない拍手が送られていました。

氷上では最後まで笑顔を絶やさなかったものの、競技後のインタビューではぽろぽろと泣きながら、「頭の中が真っ白という感じ。ショックすぎて言葉にならない」と語っていました。

初の五輪出場にもかかわらず、ショートプログラムでは4位につけ、メダルの期待もかかっていましたが、ひもが切れていることに気づき、中盤で自ら演技を中断。リンクの外に出て、ひもを結び直したのです。

この経緯について、織田選手はさらっと、こう言ったんですよ。

「靴ひもは試合前から切れていた。感覚が狂うのでそのままくくってやった」

感覚が狂うのでって・・・

本物のプロをみた気がします。

いつか、スケートで天下を取る「信成公」の姿が見られたらいいなと強く感じました。




決算書の見方
2010.02.19
一昨日、経営勉強会に出席してきました。

「決算書で学ぶ」~健康な会社に隠された落とし穴~

というテーマで公認会計士事務所の所長を講師に招き、決算書の構成から貸借対照表、損益計算書のしくみや、キャッシュフロー計算書の説明までいろいろな学びがありました。

二十数名の会員さんが出席していましたが、そのうちの半分くらいの人が、自社の決算書を持ち寄って電卓片手に計算をしていました。

1.自己資本比率

2.借入金月商倍率

3.借入金返済年数

4.運転資金

5.月間経費

6.粗利・粗利率

7.必要売上高(月)

8.一人あたり売上高

9.一人あたり粗利

10.一人あたり人件費

11.労働分配率

以上の計算式があリましたが、これがまた難しくて。

決算書を見るだけで、その会社の状態が分かるようになるには、まだまだ努力と時間が必要なようです。




経営書
2010.02.18
経営書①
先日、お世話になっている方より教えていただいた本を早速購入してきました!

著者:岩崎夏海

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

表紙(写真)を見ると首をかしげてしまいそうな感じですが、完全な経営書です。

公立高校野球部のマネージャーみなみは、ふとしたことでドラッカーの経営書「マネジメント」に出会います。はじめは難しさにとまどうのですが、野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気づきます。

みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間達が、ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。

おもしろそうですねぇ。

この本を読み終えた後にドラッカーの「マネジメント」を読みたくなるだろうと感じているのは僕だけでしょうか?




祝・竣工!
2010.02.17
祝・竣工!① 祝・竣工!② 祝・竣工!③
名東区・H様邸住宅新築工事が完了し、無事引渡しを終えました。\012内覧等の写真はトップページに戻り「施工実績」にてご覧ください。\012\012http://www.hc-homes.jp/result_a_d.htm\012\012昨年10月より着工し、4ヶ月間事故もなく無事に引渡しでき、お客様にも大変喜んでいただきました。\012\012また一つ「幸せづくりのお手伝い」ができましたことに感謝です!!\012\012\012



声がでない・・・。
2010.02.16
風邪をひいて声が出なくてつらいです。

今日はもう寝ます。ごめんくさい。



バレンタインデー
2010.02.15
バレンタインデー①
お客様に頂きました(*^ー゚)v

ありがとうございます!!



復活!
2010.02.12
復活!① 復活!②
先日、私の不注意でフロント硝子を割ってしまったのですが、やっと復活しました!

痛い出費でした・・・。

みなさんも荷台に材料を積むときは十分に気をつけてくださいね!

この車に乗ってるときはよく、「白バンの王子様」なんて呼ばれて・・・・・・。

えっ!? だれにって・・・・。




喫茶店新装工事⑤
2010.02.11
喫茶店新装工事⑤① 喫茶店新装工事⑤② 喫茶店新装工事⑤③
内装仕上工事の完了までもぅ少し!

全体の工事工程の8割まで完了です。かなり具体化されてきましたが、イメージは伝わるでしょうか!?

竣工が楽しみです!!



道具に感謝。
2010.02.10
第八十一回アカデミー賞「短編アニメ賞」を受賞した加藤久仁生監督。

受賞時の挨拶が記憶に残ります。

「作品に関係してくれたすべての方々に感謝。そして、ありがとう私の鉛筆」

と述べ、帰国後の記者会見でも「鉛筆や紙に感謝したい」と語りました。   

  

「すべては鉛筆から始まっている」という受賞作の『つみきのいえ』は、鉛筆で描いた温かなタッチの動画です。

          

監督の同僚が「鉛筆で手書きする自分のスタイルをずっと貫いていた」と語るように、

「鉛筆や紙に感謝」という言葉には特別の思いが込められているようです。

人間は本来、裸一貫なのです。

裸ひとつでは何もできない存在であり、衣食住すべてにわたり、物や道具があって初めて、日常生活を送ることが可能となるのではないでしょうか?

自分が生きていくことを助けてくれる多くの物に感謝し、大切にする思いやりを身につけたいものです。




栄で浜焼き!?
2010.02.09
栄で浜焼き!?① 栄で浜焼き!?② 栄で浜焼き!?③
昨年の年末に忘年会の二次会の道中に見つけたお店「磯丸水産」

(気になるお店)メモにピックアップしていたのですが、先日やっと行くことができました!

そしたらなんと、その年末にOPENしたばかりのお店でした。

東京には何店舗かあるらしいですが、名古屋では一号店とのこと。

店の中は平日ということもありましてスーツ姿のサラリーマンだらけ(゜ロ゜)でワイワイガヤガヤと異様な雰囲気でした。

網付きのガスコンロが各テーブルに置いてあり、いざ、浜焼き突入です。

たこの網焼き、ハマグリ、つぶ貝の串焼き、何を食べても、うまい!!

本物の「浜焼き」です!

お刺身も食べましたが、中でも金目鯛はおいしかったです(*^-^*)

みなさんも是非!

『磯丸水産』

住所:名古屋市中区栄3-14-30

電話:052-249-4884



・・・。
2010.02.08
・・・。① ・・・。③
材料が荷台から・・・。

ブルーです。



喫茶店新装工事④
2010.02.06
喫茶店新装工事④① 喫茶店新装工事④② 喫茶店新装工事④③
木工事も終盤をむかえ、本日より家具工事も現場INしました!!

そろそろ仕上がりが見えてきましたよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

楽しみです!




ピンチはチャンス
2010.02.05
ピンチはチャンス①
「こんな時代だから」と始める人。「こんな時代だから」と諦める人。

こんなキャッチコピーのポスターを街角でよく見ます。

100年に一度と言われる大不況の中、これをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかは人により分かれると思います。

「苦しい時代だから、厳しいのは当たり前」と、腹をくくって前向きに明るく取り組む時、心の変化に沿うように境遇のほうも変わってきます。

それを知っている人だけが、マイナスの状況をチャンスと捉えるのだと思います。

あるオリンピック金メダリストは、「『絶好調だ』『調子いい』と言っていると、そうなる。言葉には力がある」と語っています。状況を肯定的に受けとめるのも否定的に受けとめるのも、どちらも個々人の心の持ち方次第なのではないでしょうか。

不況という大勢は、個人の力では変えられません。変えられるのは、まずは自分自身です。こんな時代だからこそ、積極的に心の持ち方を変えていきたいものですね。

写真:ピンチと書きチャンスと読む

著書:杉浦誠司 「夢・ありがとう」より (言霊を感じる本ですよ!)




「ちょっと、よってきゃ~」
2010.02.04
みなさんは昨日の節分の日、恵方巻きを食べましたか?

私ももちろんいただきましたよ!しかもお客様のお宅で・・・。

住田さんいつも本当にありがとうございます。

節分だからって、狙って伺ったわけではないですよ!(笑)

現場の帰り道に、たまたま寄らさせていただいてコーヒーを頂きながら世間話に夢中になっていたところに共通のお客様の水野さんも合流し、コーヒーがお酒に変わり、いつの間にか真剣呑みになって、おつまみもたくさん出していただき、とどめに恵方巻きまでご馳走になってきました。

本当にありがとうございます。

「ちょっと、よってきゃ~」のうれしい一言。最高~です!

本当に感謝です。




節分
2010.02.03
節分とは

節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指します。中でも、新年の始まりに相当する「立春」の前日に当たる節分がもっとも重要視されたため、現在の形として残ったといわれています。

節分には何をするの?

豆まき

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために行うのが豆まきです。

豆を食べる

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い豆を食べよう。場所によっては大豆ではなく、落花生のところも。

イワシの頭とヒイラギを戸口に挿す

焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという風習。

現在では、焼いたイワシを恵方巻きとともに食べる家庭が多いようです。

恵方巻きを食べる

恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりするという、関西発祥の行事。

2010年の恵方は西南西!

 




喫茶店新装工事③
2010.02.02
喫茶店新装工事③① 喫茶店新装工事③② 喫茶店新装工事③③
順調に進んでおります。

写真は木工事(床組み)です。

まだ店内イメージできないですよね?

これでも全工程の1/3は終わっているんですよ!



目標設定
2010.02.01
2月です。今年も残り11ヶ月・・・。

アッという間に時が過ぎていきますね。忙しく過ごさせて頂いていることに感謝です。

みなさんは年頭に目標を立てましたか?

前回のブログに、イチローと遼君の6年生時作文を写させて頂きましたが、みなさんの反応はどうでした?

すごいですよね!6年生の作文ですよ!

このくらいの歳の作文は大体が抽象的な夢が多いような気がしますが・・・(僕を含め)。

イチローと遼くんの作文には、目標、目的が明確になっていることがすごいと思います。

そして、それに対し行動(努力)していることが今につながっているのでしょう。

今後の活躍にも期待です!

先日、経営勉強会にて目標設定の仕方を習ってきました。

「目標はでっかく!!」

「世界一を目指す人は世界一になれるが、日本一を目指す人は世界一にはなれない」




過去の記事一覧
2010.02.25
心の姿勢
2010.02.24
ボロボロになるまで
2010.02.23
セールスパーソン必読!
2010.02.22
プロの条件
2010.02.20
プロの感覚
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.