HOME   SERVICE   RESULT   SUMMARY   STAFF   LINK   FAQ >>ブログトップ
小学校6年生時の作文②
2010.01.31
二年後...中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後...中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後...高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後...高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。

八年後...二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。マスターズ優勝はぼくの夢です。

それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。

ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば......」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行われる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

今は優勝とか関係ありません。

中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。

高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。

その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

石川 遼




小学校6年生時の作文
2010.01.29
僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は三歳の時から練習を始めています。三歳から七歳では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中、三百六十日激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三本打てました。そして、全体を通した打率は五割八分三厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。

そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。だから、この調子でこれからもがんばります。そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

鈴木一郎




愛の反対語
2010.01.28
「愛の反対は憎しみではなく、無関心」

マザー・テレサの言葉です。

今日たまたま耳にし、その言葉に感銘を受け自分なりに調べてみましたが、マザー・テレサほど“献身的な愛”に生きた人物は、非常に数少ないのではないかと思います。愛についての言葉は数多くありますが、実際に献身的な愛に生きたマザー・テレサの言葉は、強い説得力を持っているように感じられます。

今の無関心すぎるの世の中に「愛」を広げるにはどうしたらよいのでしょうか。



喫茶店新装工事②
2010.01.27
喫茶店新装工事②① 喫茶店新装工事②② 喫茶店新装工事②③
本日で工事着工より7日目です。

早くも、LGS(軽量鉄骨)下地組工事が完了しました。

これまでの工事工程です。

1.配管、配線工事

2.土間コンクリート工事

3.墨出し

4.LGS工事

明日からは木工事を予定しています。

店舗工事の大体が、お客様負担で家賃が発生しているため、突貫工事(工期短縮)がほとんどです。だから事前の計画(設計図書、配置、デザイン他)をしっかりやっておかないとダメなんですよ!

計画が浅いとトラブルの原因にもなりますし、結果的にお客様の負担になり迷惑をかけることになってしまいます。

何をするのもそうですが、「事前の計画」はしっかりやるように心がけたいものですね。




進化と成功の秘訣
2010.01.26
マリナーズのトレーナー・森本貴義さんによれば、同チームのイチロー選手の進化と成功の秘訣は、試合前に万全の準備を継続していることだそうです。

ホームゲームのナイターではチーム一番乗りで球場入りし、独自の練習メニューを二時間半こなした上で、全体のウォーミングアップに合流し打撃練習、守備練習へと移っていきます。

イチロー選手は、シーズン中は毎日、こうしたメニューをこなし、食事の時間などの生活パターンを崩さないように、自己管理を一貫してきたというのです。

日本の武道でも古来、「道場での稽古は、日常の独り稽古がどれだけ進んだかを確認するものであり、道場を出てから本当の稽古は始まる」と言われてきまた。

私たちも、就業前の自己管理を日々の生活において継続させ、職場において完璧な体調で実力を発揮できる準備を整えていきたいものです。




店舗新装工事
2010.01.25
店舗新装工事① 店舗新装工事② 店舗新装工事③
先日より、海部郡美和町にて喫茶店新装工事が始まりました。

写真は工事着工時です。スケルトン(何もない現場状況)からの新装工事

打合せに3ヶ月、工事工程は1ヶ月。

「アジアン・カフェ」をイメージしています。

OPENは3月上旬の予定。

今後、施工途中をブログにアップしていきま~す!




認識③
2010.01.22
認識③①
ポパイの文章の答えです。

「ほうれんそう」という言葉が3回出てきましたが、最後だけ「ほうれそんう」になっています。

みなさん気づかれました?

ちなみに私は、何回読んでも気づくことはできませんでした。

思い込みってこわいですね・・・。

写真の文章のように、人間は文字を認識するとき、その最初と最後の文字さえあっていれば順番はめちゃくちゃでも読めちゃうんですよ。言葉一つ一つは完全に間違っているのに、おもしろいですね。

私たちも普段の生活のなかで、無意識に「認識ちがい」をしているかもしれません。

 

思い込みの概念にとらわれず慎重に判断していきたいものです。




認識②
2010.01.21
認識①からの出題、みなさん分かりましたでしょうか?

ヒントは「認識ちがい」

答えは明日・・・。




認識①
2010.01.20
認識①①
本日は、経営勉強会に出席してきました。

写真は、参考資料の一部(一文)です。

みなさん、この文章を3回繰り返して読んでみて下さい。

何かしらの違和感を感じますでしょうか?

答えは、明日のブログにて・・・。




お客様と一緒に
2010.01.19
お客様と一緒に① お客様と一緒に②
日曜日にお客様と洗面室のタイル張りをしました。

(写真はお客様の職人風後姿です)

「日曜大工」ではなく「日曜左官」です。

タイル張りはいつも左官屋さんに頼んでいるので、今まで補修程度のタイル張りしかやったこと

なかったのですが、やっぱり餅は餅屋ですね・・・。

左官屋さんみたいにすばやくきれいに張れないんですよ。

う~ん。奥が深い。

 

デザインも決まってなくお客様と相談しながら、あ~でもないこ~でもないと、結局1㎡を5時間もかけてようやく張り終えることができました。

施工度合に点数をつけるなら、80点ぐらいですかね?!

ただし、満足度は120点です!!

これもまた「家づくり=幸せづくり」の一つではないでしょうか。

僕も楽しませていただきました。ありがとうございます!!




珈琲
2010.01.18
珈琲① 珈琲② 珈琲③
最近仲良くさせていただいてる方より珈琲の詰め合わせを頂きました。

ありがとうございます!

10種類×2パックづつのセットでしたが、個性的でおもしろいでしょ?

いつも北海道のお知り合いから送ってもらってるそうですよ。

通な感じです。

私も珈琲はよく飲むのですが、10種類すべていただいて、原産国や環境の違いでこんなにも違うものなのかと正直ビックリしました。

素人の僕でも明らかに味や香りがちがうんですよ!

甘みがあったり、

スパイシーな香りだったり、

酸味が強いものだったり、

それぞれの特徴があり、一口飲むごとに「へぇ~」なんて思わず言葉がでちゃいます。

なかでも一番飲み易いというか、好きだな~と思ったのは、

「スノー・トップ」というキリマンジャロ。

上品な香りが印象的でした。なんて、通な一言。

ハマッちゃいそうです・・・




29歳
2010.01.15
昨日、偶然にある方とご縁をいただきました。

その方は、名駅周辺に100席以上の居酒屋さんを6店舗も経営されていて、歳を聞いたらビックリですよ!

なんと、29歳!

しかもこの不景気の中、一番悪いとされている外食産業で。かなりのつわものです。

同世代だからでしょうか。心を打ち抜かれると同時になんかワクワクとした、いつもとは少し違う気持ちになりました。

2010年明け、私たち中小企業は正念場を迎える年ともいえます。

目先のことに追われがちになる今だからこそ、先を見据えた強い心が必要とされるのではないでしょうか。

イギリスの詩人、サミュエル・ジョンソンの言葉です。

「改革をはばむ敵は、外にはいません。内側にいます」




受身
2010.01.14
書道家でもあり詩人でもあった相田みつをさん。

「受身」という作品があり、人生は柔道と同じく基本は受身だというのです。

投げ飛ばされたり、人前に叩きつけられたりしたとき、不様な姿をさらけ出す練習だと。

しかしその受身姿は、美しくなければなりません。

上司に叱られたり、お客様に苦情を言われたり、ときには理不尽な責任を負わされたり。

そのような時、見事な受身ができる人を目指すことで、その人の命の根が大きくなると詩は語っています。

カッコよく勝つことも大切ですが、不様に投げられたときに美しい受身が取れる人間を目指したいものです。




ビックリ10大予想
2010.01.13
毎年恒例のバイロン・ウィーン氏の「びっくり10大予想」が発表されました。

バイロン・ウィーン氏とは毎年年頭に世界経済の一年の動きを予測し、「ビックリ10大予想」として発表し、かなりの確率で当てるというすごい人なんです。

話に聞いたところでは、7~8割の確立で当てているとか・・・。

以下は、1月6日の日経夕刊を参考に箇条書きにしました。

1.米国の実質成長率は大方の予想5%を超え、失業率は9%を下回る。

2.FRBはゼロ金利政策を解除し、FF金利は年末までに2%まで上昇。

3.米国債の発行過多と海外中央銀行による買い意欲後退により長期金利は5.5%を上回る。

4.S&P500は年前半に1,300まで上昇した後、1,000に下落し、09年末(1115)程度の水準で取引を 終える。

5.ドルが対円で100円、対ユーロで1.30ドルに上昇。

6.円安を追い風に先進国で日本株が最も上昇し、日経平均は12,000円超える。

7.オバマ大統領が原子力開発促進の法案を承認する。

8.米国の景気回復を受けてオバマ人気が回復し、11月の議会選挙で民主党の議席減は予想よ り小さい20議席減にとどまる。

9.金融規制法案がより金融業よりに修正され、金融株が急騰。

10.イランの社会不安が深刻化、アハマディネジャド大統領が失脚。

さて、今年は何がどこまで当たるのでしょうか?!

 




エコカラット
2010.01.12
エコカラット① エコカラット②
S様邸にて子供室壁面に、エコカラット(INAX商品)を施工しました。

エコカラットとは?

粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。

エコカラットの微細な孔は、湿気を吸ったり吐いたりするのに適した大きさに設計されていて、室内の湿度が高くなるとこの孔が湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えます。夏場のジメジメや冬場のカラカラも、この吸放湿機能によって、自然に調節できるわけです。

今回はミッキーマウスをアクセントとして使用しましたが、他のデザインも豊富にあり雰囲気もよくカッコイイですよ。

詳しく知りたい方は、

http://ecocarat.jp/

まで。




「コツコツ」と。
2010.01.11
一昨日、お世話になっている会社の新年会に参加させて頂きました。

百年に一度の経済危機が叫ばれる中、この不況を乗り越えるためには「コツが2ついる」それは、

「コツ」が二つで「コツコツ」と。

こうゆう時代だからこそ、コツコツと愚直に生きることを忘れてはいけないと、社長様より冒頭のあいさつとしてありました。

社長様とは経営勉強会でご縁をいただき、普段より公私共に大変お世話をしていただいています。

新年会に参加させて頂くのは4回目になるのですが、宴会の前に一時間ほど勉強会(講演等)があり、協力業者との懇親を深めるだけではなく、ベクトル合わせも行なっているすばらしい会社です。

今回の講演で学んだことを報告します。

テーマ「パラダイムを転換すれば人生が変わる」

・視点を変えてみる

・行動しなければ変化はしない

・本物でなければ存続できない

・中小、零細企業は変化しやすい→強み

・芯がないものは真似てもだめ

 (自分の想いは絶対にブレてはいけない)

・想いが強ければ強いほど形になりやすい

・宇宙と共鳴するような想いを持つ

・視野を広げることで選択の手段が増える

 (選択一つで、出逢うべき人に出逢うことができる)

 

すばらしい講演でした。

「自分の選択一つですべてが決まる」

リーダーとして上に立つ者として、自分の思い込みの概念を取り除くとともに視野を広げることが大切だと学びました。

価値観のブレをなくし、前向きな選択を心がけたいものです。




一休さん
2010.01.10
昨日のブログより。

一休さんの話題を書き終えた後、思わずユーチューブで観てしまいました。

しかも最終回を・・・。

感動です。涙しました。

話の内容もですが、何より一休さんの言葉ひとつひとつに重みを感じました。

やっぱりいいですね。一休さん。

で、

今日、

また観てしまいました。しかも5話。

それにしても一休さんの「とんち」はすばらしいですね!

将軍さまや桔梗屋さんのとのやりとりも含め、大人になった今でも楽しめるアニメだと思いますよ。

一休さんにしてやられて、地団駄を踏む将軍さまの姿がありますが、非常に子供っぽい反面、素直に一休さんに対して負けを認めるあたりは、器量が大きく潔いとも言えますよね!

リーダーとしての風格が感じられます。

ただのアニメ観賞だけではなく、視点を変えて観るのもおもしろいのではないでしょうか。




とんちの日
2010.01.09
今日はとんちの日です。

1月9日。「いっ(1)きゅう(9)」

そうです。一休さんにちなんだ記念日なんです。

一休さん(宗純)は室町時代に実在した臨済宗の僧侶で、風変わりな格好で町中を歩き、戒律や形式にとらわれない生き方を通したお方です。

子供のころ、学校から帰ってくるとアニメの一休さんを必ず見ていたような気がします。

(再放送だと思いますが)

みなさん、知っていました?

毎回、話の終わりに一休さんが『はぁ~い。面白かったぁ?じゃぁ~ねぇ~。』とのセリフがありましたよね?これは、虎や橋の話等、ユーモアのある笑い話系ではこの終わり方で、政治や人権、道徳に関するシビアな話、または感動系の終わりには、『はぁ~い。どうだった?じゃぁ~ねぇ~。』に変わるんですよ!

今から思えば、人間的な話は多かったように思いませんか?

子供ながらに一休さんから学んだことはあったかもしれませんね。

大人になった今、改めてもう一度見たいような気もします・・・




春の七草
2010.01.08
昨日は、春の七草。

みなさんは食べましたか?

春の七草

・せり

・なずな

・ごぎょう

・はこべら

・ほとけのざ

・すずな

・すずしろ

以上を細かく刻み、粥に混ぜて七草粥を作り、

「一年の邪気を払い万病を除く」

として、松の内の終わる7日に食べる。

そして、豊年を祝い1年の幸せを祈るといわれています。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」

(光孝天皇) 「古今集」 百人一首より

風景が想い浮かびます・・・




一年の計
2010.01.07
一年の計①
「1年の計は元旦にあり」なんていいますが、みなさんはどんなお正月を向かえられましたか?

私は、実家でのんびりしすぎて3キロも太ってしまいました・・・。でもやっぱり生まれ故郷はいいものですね。体中のスイッチが全部OFFになり、心から休まるような気がします。

(写真は、実家の手作りおせちです)

元旦はずっっと雪が降っていましたが、元旦の雪は「吉兆」といわれ縁起のよいものらしいですよ。

「新しき 年の始めの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事」

天平宝字二年(七五八年)に大伴家持が詠んだ短歌です。

「元旦の今日、吉兆である雪がどんどんと積もり重なっていくように、国中によいことがいよいよ重なりますように」という意味です。

みなさん、今年の目標は掲げましたか?

言葉には「言霊」が宿っており、良い言葉を口に出せば良い事が起こり、悪い言葉を口にすれば悪いことを呼ぶといういわれがあります。

だったら不景気なんて、逆境なんて、なんのその!ですよ!!

良い言葉を口にして、前に向かって気持ちを新たにがんばりましょう!!

今年もよい年でありますように・・・




あけましておめでとうございます
2010.01.06
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。

弊社も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応えいたすよう努力いたすと共に、皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

本日より通常営業となります。

今年もみなさんの毎日の暮らしを応援し、幸せづくりのお手伝いをさせて頂きます。

なにとぞよろしくお願いします。



過去の記事一覧
2010.01.29
小学校6年生時の作文
2010.01.28
愛の反対語
2010.01.27
喫茶店新装工事②
2010.01.26
進化と成功の秘訣
2010.01.25
店舗新装工事
アーカイブ
2018年03月の記事(2)
2018年02月の記事(3)
2018年01月の記事(12)
2017年10月の記事(1)
2017年08月の記事(1)
2017年07月の記事(7)
2017年06月の記事(2)
2017年04月の記事(8)
2017年03月の記事(16)
2017年02月の記事(19)
2017年01月の記事(23)
2016年12月の記事(15)
2016年10月の記事(2)
2016年09月の記事(2)
2016年08月の記事(3)
2016年06月の記事(11)
2016年05月の記事(3)
2016年04月の記事(14)
2016年03月の記事(23)
2016年02月の記事(24)
2016年01月の記事(20)
2015年12月の記事(19)
2015年11月の記事(21)
2015年10月の記事(22)
2015年09月の記事(18)
2015年08月の記事(6)
2014年04月の記事(1)
2014年01月の記事(6)
2013年12月の記事(2)
2013年11月の記事(1)
2013年10月の記事(9)
2013年07月の記事(6)
2013年06月の記事(4)
2013年05月の記事(5)
2013年04月の記事(12)
2013年03月の記事(16)
2013年02月の記事(18)
2013年01月の記事(20)
2012年12月の記事(25)
2012年11月の記事(26)
2012年10月の記事(24)
2012年09月の記事(24)
2012年08月の記事(28)
2012年07月の記事(29)
2012年06月の記事(24)
2012年05月の記事(23)
2012年04月の記事(23)
2012年03月の記事(23)
2012年02月の記事(31)
2012年01月の記事(25)
2011年12月の記事(26)
2011年11月の記事(25)
2011年10月の記事(24)
2011年09月の記事(25)
2011年08月の記事(24)
2011年07月の記事(25)
2011年06月の記事(25)
2011年05月の記事(22)
2011年04月の記事(25)
2011年03月の記事(27)
2011年02月の記事(24)
2011年01月の記事(24)
2010年12月の記事(23)
2010年11月の記事(26)
2010年10月の記事(29)
2010年09月の記事(29)
2010年08月の記事(28)
2010年07月の記事(27)
2010年06月の記事(27)
2010年05月の記事(23)
2010年04月の記事(21)
2010年03月の記事(27)
2010年02月の記事(22)
2010年01月の記事(21)
2009年12月の記事(21)
2009年11月の記事(24)
2009年10月の記事(14)
2009年09月の記事(16)
2009年08月の記事(3)
2009年05月の記事(4)

Copyright (c) 2008 HC HOMES CO.,LTD. All rights Reserved.